「戦争」 一覧

武器人間

武器人間 58点

武器人間 映画批評・備忘録 フランケンシュタインの末裔のマッドサイエンティストが創り出した、死体に様々な機械を合体させた不死身の兵士が大暴れする恐怖をファウンド・フッテージの手法で描いた作品。 監督は、物語を描きたいのではなく武器人間(フラ ...

ファイヤーフォックス

ファイヤーフォックス 80点

映画批評・備忘録 アメリカ空軍・アメリカ海軍も協力しており、東西冷戦時代という背景が濃い作品で、主人公がソビエト連邦が開発した新型戦闘機ファイヤー・フォックスを潜入し強奪するまでを描いている。物語の大部分は単身でソ連に潜入してKGBの追って ...

シルミド

シルミド 65点

映画批評・備忘録 1971年に韓国政府が極秘に進めた、朝鮮民主主義人民共和国の金日成首相暗殺計画と、それにかかわった韓国の北派工作員部隊(684部隊)の実話を基にした映画。映画の製作を妨げる動きもあったとされ、この映画の反響を見た韓国政府は ...

ユリョン

ユリョン 76点

映画批評・備忘録 原子力潜水艦を舞台にした作品で、CGと特撮を駆使した韓国初の潜水艦映画。タイトルの『ユリョン』とは韓国語で“幽霊”の意味。日本への核攻撃の示唆や日本の潜水艦を撃沈することなどから反日映画とされ批判も多い作品。韓国版『クリム ...

クリムゾン・タイド

クリムゾン・タイド 90点

映画批評・備忘録 冷戦後の世界を背景に、ロシアでおきた叛乱にそなえて出港した弾道ミサイル原子力潜水艦を舞台とする潜水艦映画。エリートと叩き上げの対立、白人と黒人の相克、「見えない敵」との頭脳戦、外界と限られた接触しかない特殊な環境、これら潜 ...

JSA

JSA 93点

映画批評・備忘録 分断されている北朝鮮と韓国の兵士たちの友情と悲劇の物語。この映画を簡単に説明すると前述のようなものになりますが、この映画の編集・構成はサスペンス、ミステリーなものとなっており、ソフィー少佐役(イ・ヨンエ)を通して”謎”が解 ...

フォレスト・ガンプ/一期一会

フォレスト・ガンプ 一期一会 98点

フォレスト・ガンプ 一期一会 映画批評・備忘録 フォレスト・ガンプを通して、彼が過ごした時期の歴史的背景と歴史的事件・人物を見ることができ、またその頃の人々の様子を彼の周囲の人に見ることができる。極めて優れた脚本で、単純な映画に見えてかなり ...

グローリー

グローリー 90点

映画批評・備忘録 アメリカ南北戦争の史実を元に描かれた傑作映画。エドワード・ズウィック監督らしい熱き男達の感動と悲哀があり、人間としての尊厳をストーレートに問いてくる魂に響かせる演出が素晴らしい! 当時はまだ無名だったデンゼル・ワシントン、 ...

ティアーズ・オブ・ザ・サン

ティアーズ・オブ・ザ・サン 85点

映画批評・備忘録 アメリカ国防総省の全面協力によって制作され、この映画の批評の中には、「反乱軍を悪者に描き、キリスト教、米軍称賛映画だ」という主張がある。実際、この映画の反乱軍は相当な悪者として描かれており、その残虐性は悪魔と思えるほど。確 ...


Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.