「バイオレンス」 一覧

28週後...

28週後... 71点

28週後... 映画批評・備忘録 2002年に公開された映画『28日後...』の続編である2007年公開のイギリスのホラー映画。 前作のB級映画からハリッド映画並みの予算となり、舞台や演出も派手になっています。今作はテンポがともかく早く、次 ...

28日後...

28日後... 75点

28日後... 映画批評・備忘録 人間を凶暴化させるウイルスが蔓延し、感染者が人々を襲ったために壊滅状態になったロンドンを舞台に、生き残った人々のサバイバルを描いたダニー・ボイル監督、アレックス・ガーランド脚本によるSFホラー映画。アメリカ ...

狼よさらば

狼よさらば 67点

映画批評・備忘録 本作から『ロサンゼルス』『スーパー・マグナム』『バトルガンM‐16』『狼よさらば 地獄のリベンジャー』と続くDeath Wishシリーズ全五作の一作目にあたる。 チャールズ・ブロンソンのこのシリーズは、勧善懲悪の復讐劇で古 ...

シークレット・ミッション

シークレット・ミッション 82点

シークレット・ミッション 映画批評・備忘録 北朝鮮のエリートスパイたちに下された極秘任務とその孤独な戦いを描き、2013年映画興行成績5位、観客動員数600万人超えの韓国大ヒット作! 第50回大鐘賞:新人俳優賞(キム・スヒョン)を受賞。 ス ...

コマンドー

コマンドー 76点

コマンドー 映画批評・備忘録 本作品は、前年(1984年)の『ターミネーター』の悪役を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーが、転じて屈強で勧善懲悪のヒーローを演じたヒット作。シュワルツェネッガーはビルドアップされた肉体と、それを存分に活か ...

DEAD OR ALIVE 犯罪者

DEAD OR ALIVE 犯罪者 0点

DEAD OR ALIVE 犯罪者 映画批評・備忘録 キャッチコピー「フツーに生きたいなら、このクライマックスは知らない方がいい。」その通り知らないで見ることにこの映画が伝説となった理由が分かる。「中途半端にラストだけを見る」この映画を楽し ...

ミシシッピー・バーニング

ミシシッピー・バーニング 98点

ミシシッピー・バーニング 映画批評・備忘録 巨匠アラン・パーカー監督によって、1964年に米ミシシッピ州フィラデルフィアで公民権運動家3人が殺害された事件を映画化。オープニングから息が詰まるほどの凄惨なシーンがあり、当時の人種差別が日常的で ...

極道大戦争

極道大戦争 49点

極道大戦争 映画批評・備忘録 監督の三池崇史は「サヨナラ、軟弱で退屈な日本映画。誰も望んではいませんが、勝手に初心に戻って大暴れです」と意気込んだ。バンパイアのヤクザに噛みつかれた人間が次々とヤクザ化してしまうという荒唐無稽な世界を、三池崇 ...

フォーリング・ダウン

フォーリング・ダウン 77点

フォーリング・ダウン 映画批評・備忘録 ロサンゼルスを舞台に、日常生活に疲れた平凡な男が理性を失い、数々の事件を起こしていく姿を描くサスペンス・スリラー。 ドナルド・トランプの台頭やアラフォー・クライシスを予感させる90年代の毒にも薬にもな ...

13日の金曜日

13日の金曜日 66点

13日の金曜日 映画批評・備忘録 『13日の金曜日』のリブート・リメイク作品で、ストーリーや設定はオリジナルの1-4作目を詰め込んだ内容で、主人公役にはスーパー・ナチュラルのサム役で有名なジャレッド・パダレッキを起用して話題になった。ジェイ ...

スーパーマグナム

スーパー・マグナム 70点

スーパー・マグナム 映画批評・備忘録 Death Wishシリーズ全5作の3作目にあたるのが今作。チャールズ・ブロンソンVSギャヴァン・オハーリー(悪役請負人)という明確な対立軸がはっきしている作品。 個人的にはシリーズ最高傑作だと思う。ど ...

ロサンゼルス

ロサンゼルス 68点

ロサンゼルス 映画批評・備忘録 『狼よさらば』の続編でDeath Wishシリーズ全五作の二作目にあたる。 前作に続きマイケル・ウィナーが監督を務め、更にキャノン・フィルムズのメナハム・ゴーランとヨーラン・グローバスが製作として初めて参加し ...

バトルランナー

バトルランナー 72点

バトルランナー 映画批評・備忘録 リチャード・バックマン(スティーヴン・キングの別名義)による同名小説の映画化だが、原作とは内容に差異がある。殺人ゲームショーが高視聴率を占める近未来を舞台にした世界で『ランニングマン』というデス・ ゲーム番 ...

マーターズ

マーターズ 71点

マーターズ 映画批評・備忘録 マーターズ(Martyrs)。それは”殉教者”または”犠牲者”を指し、古くは”証人”を意味する言葉。2人の美少女を待つ、あまりにも過酷で凄惨な運命を描いている。 ダリオ・アルジェントは「素晴らしい。これは、ホラ ...

ラビナス

ラビナス 66点

ラビナス 映画批評・備忘録 原題の Ravenous とは、貧欲という意味。アルフレッド・パッカー事件(1873年から翌年にかけてアメリカ合衆国コロラド州で発生した強盗殺人および人食事件である。)のようなカニバリズムを題材としています。 物 ...


Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.