「サスペンス」 一覧

恋の罪

恋の罪 74点

恋の罪 映画批評・備忘録 1997年に渋谷区で発生した東電OL殺人事件からインスピレーションを得た作品ですが、ストーリーは、事件とはほぼ無関係な物語です。作品の内容や、それまで清純派のイメージが強かった水野美紀がヘアヌードになったことでも注 ...

ヘッドハント

ヘッドハント 77点

ヘッドハント 映画批評・備忘録 閉鎖されたオフィスで自由を奪われた6人の男女が体験する恐怖を描くシチュエーションスリラー。 ホラー映画好きなら、笑いながら見れるような個性的なデスシーンが楽しめる作品で、脚本というかアイデアが良くてキャストが ...

クリフハンガー

クリフハンガー 81点

クリフハンガー 映画批評・備忘録 ロッキー山脈に不時着した武装強盗団と山岳救助隊員の戦いを描いたアクション・サスペンス映画である。日本での配給収入は40億円を超え、1994年の年間1位となった。なお、全世界での興行収入は2億5500万ドルを ...

シックス・センス

シックス・センス 89点

シックス・センス 映画批評・備忘録 死者が見える少年と彼をサポートする小児精神科医の体験する「未知の世界」と2人の交流、そして少年が自分の持っている第六感とどう向き合って生きていくかを描いた映画。冒頭には、「この映画にはある秘密があります。 ...

22年目の告白 -私が殺人犯です-

22年目の告白 -私が殺人犯です- 80点

22年目の告白 -私が殺人犯です- 映画批評・備忘録 2012年の韓国映画『殺人の告白』をリメイクしたスリラー映画、監督は、「SR サイタマノラッパー」の入江悠。アクション・サスペンス調であった韓国版に対し、本作では社会派サスペンスとしての ...

不法侵入

不法侵入 77点

不法侵入 映画批評・備忘録 正義を守るはずの警官に狙われた夫婦の姿を描いたサイコ・スリラー映画。悪徳警官役といえば、この人!っていうほどはまり役のレイ・リオッタ。ハンサムなんだけど、なんか闇を感じる目が印象的です。他の役では暴れん坊のイメー ...

レイジング・ケイン

レイジング・ケイン 89点

レイジング・ケイン 映画批評・備忘録 巨匠ヒッチコックの後に世に現れたブライアン・デ・パルマのサイコ・サスペンス映画。ヒッチコック作品『サイコ』のオマージュをたっぷりと含みながらも、天才的演出とカメラワークを駆使し、素晴らしい作品を生み出し ...

八つ墓村

八つ墓村 89点

八つ墓村 映画批評・備忘録 横溝正史の同名ミステリー小説を松竹映画の巨匠・野村芳太郎監督が映画化し、大ヒットを記録した超大作。 金田一耕助が主人公というべき作品ではなく、ミステリー要素よりホラー映画としての色合いが濃く、それは、呪いや祟りと ...

ワイルドシングス

ワイルドシングス 67点

ワイルドシングス 映画批評・備忘録 人気高校教師による女子高生レイプ事件を軸に、男女の駆け引きが繰り広げられる。1980年代に青春映画のスターとして人気の高かった俳優ケヴィン・ベーコンが、製作総指揮を行った。 かつてイケメンスターだったマッ ...

悪魔を憐れむ歌

悪魔を憐れむ歌 72点

悪魔を憐れむ歌 映画批評・備忘録 デンゼル・ワシントン主演のオカルト・ミステリー映画。名優の共演で、その高い演技力でサスペンスホラーを盛り上げる。人間の体に乗り移ることで殺人を繰り返す悪霊と痕跡から捜査を進める刑事が対決する筋の物語で、映像 ...

ゾンゲリア

ゾンゲリア 72点

映画批評・備忘録 原題は直訳すると「死と埋葬」といった意味である。「ゾンビ映画」の一種と言えるが、ジョージ・A・ロメロが『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』で創出した、いわゆる「ロメロゾンビ」が登場するものとはかなり異なる。全編に漂う陰鬱と ...

サスペリアPART2

サスペリアPART2 82点

映画批評・備忘録 アルジェント独自のカメラワーク、演出、そして酷い殺人シーンがサスペンスとしての雰囲気を表すとともにホラー映画のような恐怖を伝えるのが特徴的。また本作の最大の特徴でもある“重要なものを見ているのにもかかわらず見過ごしている” ...

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚 74点

冷たい熱帯魚 映画批評・備忘録 園子温監督、脚本によるエロ・グロ描写が多いホラー・サスペンスで、1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとした物語。 この映画のベースになった実際の事件で、「ボディを透明にする」と呼んだ残虐な遺体の ...

ボーン・コレクター

ボーン・コレクター 76点

ボーン・コレクター 映画批評・備忘録 原作はジェフリー・ディーヴァーの同名小説。デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリー主演で脊柱不随となった主役が相棒と共に猟奇事件を解決していく物語。 デンゼル・ワシントンが演じたのは、事故で体で動 ...

ミシシッピー・バーニング

ミシシッピー・バーニング 98点

ミシシッピー・バーニング 映画批評・備忘録 巨匠アラン・パーカー監督によって、1964年に米ミシシッピ州フィラデルフィアで公民権運動家3人が殺害された事件を映画化。オープニングから息が詰まるほどの凄惨なシーンがあり、当時の人種差別が日常的で ...


Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.