「サスペンス」 一覧

ワイルドシングス

ワイルドシングス 67点

ワイルドシングス 映画批評・備忘録 人気高校教師による女子高生レイプ事件を軸に、男女の駆け引きが繰り広げられる。1980年代に青春映画のスターとして人気の高かった俳優ケヴィン・ベーコンが、製作総指揮を行った。 かつてイケメンスターだったマッ ...

悪魔を憐れむ歌

悪魔を憐れむ歌 72点

悪魔を憐れむ歌 映画批評・備忘録 デンゼル・ワシントン主演のオカルト・ミステリー映画。名優の共演で、その高い演技力でサスペンスホラーを盛り上げる。人間の体に乗り移ることで殺人を繰り返す悪霊と痕跡から捜査を進める刑事が対決する筋の物語で、映像 ...

ゾンゲリア

ゾンゲリア 72点

映画批評・備忘録 原題は直訳すると「死と埋葬」といった意味である。「ゾンビ映画」の一種と言えるが、ジョージ・A・ロメロが『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』で創出した、いわゆる「ロメロゾンビ」が登場するものとはかなり異なる。全編に漂う陰鬱と ...

サスペリアPART2

サスペリアPART2 82点

映画批評・備忘録 アルジェント独自のカメラワーク、演出、そして酷い殺人シーンがサスペンスとしての雰囲気を表すとともにホラー映画のような恐怖を伝えるのが特徴的。また本作の最大の特徴でもある“重要なものを見ているのにもかかわらず見過ごしている” ...

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚 74点

冷たい熱帯魚 映画批評・備忘録 園子温監督、脚本によるエロ・グロ描写が多いホラー・サスペンスで、1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとした物語。 この映画のベースになった実際の事件で、「ボディを透明にする」と呼んだ残虐な遺体の ...

ボーン・コレクター

ボーン・コレクター 76点

ボーン・コレクター 映画批評・備忘録 原作はジェフリー・ディーヴァーの同名小説。デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリー主演で脊柱不随となった主役が相棒と共に猟奇事件を解決していく物語。 デンゼル・ワシントンが演じたのは、事故で体で動 ...

ミシシッピー・バーニング

ミシシッピー・バーニング 98点

ミシシッピー・バーニング 映画批評・備忘録 巨匠アラン・パーカー監督によって、1964年に米ミシシッピ州フィラデルフィアで公民権運動家3人が殺害された事件を映画化。オープニングから息が詰まるほどの凄惨なシーンがあり、当時の人種差別が日常的で ...

フォーリング・ダウン

フォーリング・ダウン 77点

フォーリング・ダウン 映画批評・備忘録 ロサンゼルスを舞台に、日常生活に疲れた平凡な男が理性を失い、数々の事件を起こしていく姿を描くサスペンス・スリラー。 ドナルド・トランプの台頭やアラフォー・クライシスを予感させる90年代の毒にも薬にもな ...

インセプション

インセプション 94点

インセプション 映画批評・備忘録 クリストファー・ノーランが構想期間約20年ほどの歳月をかけた作品であり、イギリス系アルゼンチン人の作家であるホルヘ・ルイス・ボルヘス著「伝奇集」の短編「Las ruinas circulares(円鐶の廃墟 ...

キャビン

キャビン 82点

キャビン 映画批評・備忘録 バカンスで大騒ぎする若者たちが恐怖に陥れられる定番の展開を、あえて覆すことに挑戦した異色のスリラー映画。 基本的に情報なしで見ないと面白さが半減してしまいますので、予告編やあらすじも見ない読まないで楽しだ方が良い ...

マーターズ

マーターズ 71点

マーターズ 映画批評・備忘録 マーターズ(Martyrs)。それは”殉教者”または”犠牲者”を指し、古くは”証人”を意味する言葉。2人の美少女を待つ、あまりにも過酷で凄惨な運命を描いている。 ダリオ・アルジェントは「素晴らしい。これは、ホラ ...

ネスト

ネスト 73点

ネスト 映画批評・備忘録 アイルランドの作家ジョン・コナリーの短編小説を映画化したサスペンス・ホラー映画。 両親が離婚し、転校してきたことから学校で馴染むことができず、イジメられながらも思春期を迎えた女の子とその父親の家族ドラマと不気味な地 ...

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 85点

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 映画批評・備忘録 スティーヴン・ソマーズ監督がディーン・R・クーンツの人気小説を映画化。 カテゴリー分けとしては、ホラー・サスペンスなものの、どちらかというとファンタジー系でグロいシーンもソフトな演出の ...

第9地区

第9地区 77点

第9地区 映画批評・備忘録 地球に難民としてやってきたエイリアンと、それを抑圧する人類の対立をドキュメンタリー風に描いた作品。舞台となった南アフリカ共和国でかつて行われていたアパルトヘイト政策が反映されたストーリーになっている。ドキュメンタ ...

ファイヤーフォックス

ファイヤーフォックス 80点

映画批評・備忘録 アメリカ空軍・アメリカ海軍も協力しており、東西冷戦時代という背景が濃い作品で、主人公がソビエト連邦が開発した新型戦闘機ファイヤー・フォックスを潜入し強奪するまでを描いている。物語の大部分は単身でソ連に潜入してKGBの追って ...


Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.