「エロス」 一覧

海猫

海猫 55点

海猫 映画批評・備忘録 刺激的な性愛描写が含まれているため、映倫でR15+指定になった? R15指定なのでさぞかし濃厚なエロ描写があると思いきや、全てのシーンに露出がほとんどないという、ありえない邦画となっている。森田芳光にエロスは理解でき ...

失楽園

失楽園 60点

失楽園 映画批評・備忘録 女性客を集めて配給収入で23億円、興行収入では約40億円の大ヒットを記録。社会現象になるほどの話題を呼んだ作品です。 黒木瞳の脱ぎっぷりが良いので大胆ではあるけれど、ソフトな絡みまでの濡れ場シーンが続く作品です。大 ...

化身

化身 72点

化身 映画批評・備忘録 黒木瞳の映画主演デビュー作で、全裸も披露、また阿木燿子も大胆なベッドシーンを演じた。小説も発表時に話題を呼んだが、映画化、テレビドラマ化によっていっそうの話題を呼んだ。 秋葉大三郎役には、前年1985年に『ひとひらの ...

女囚701号/さそり

女囚701号 さそり 66点

女囚701号 さそり 映画批評・備忘録 女囚さそりシリーズの第1作目。刑務所を舞台に女囚の松島ナミが、周りの人間から受ける暴行などに耐えて脱走を試み、過去に自身を裏切った男たちに復讐しようとする内容となっているほか、殺人のほか陵辱、リンチな ...

恋の罪

恋の罪 74点

恋の罪 映画批評・備忘録 1997年に渋谷区で発生した東電OL殺人事件からインスピレーションを得た作品ですが、ストーリーは、事件とはほぼ無関係な物語です。作品の内容や、それまで清純派のイメージが強かった水野美紀がヘアヌードになったことでも注 ...

援助交際撲滅運動

援助交際撲滅運動 54点

援助交際撲滅運動 映画批評・備忘録 女子高生のオヤジ狩りと援助交際を撲滅させるという体裁でヤリ逃げを繰り返すテレクラ店員と中年男。そんな彼らに復讐をする女子高生の姿を描く。 異常性癖とも見れる変態中年男役を遠藤憲一が熱演!その振り切れた演技 ...

真木栗ノ穴

真木栗ノ穴 81点

真木栗ノ穴 映画批評・備忘録 四谷ラウンド文学賞を受賞し評論家に絶賛された女流作家・山本亜紀子による異色の小説「穴」を映画化。 邦画の良さを感じられる映画で、派手さは全くなくとも物語に夢中になれる演出や映像が魅力です。エロティック・ホラーで ...

ワイルドシングス

ワイルドシングス 67点

ワイルドシングス 映画批評・備忘録 人気高校教師による女子高生レイプ事件を軸に、男女の駆け引きが繰り広げられる。1980年代に青春映画のスターとして人気の高かった俳優ケヴィン・ベーコンが、製作総指揮を行った。 かつてイケメンスターだったマッ ...

血と砂

血と砂 50点

血と砂 映画批評・備忘録 アンダルシア地方を舞台に、スペインの人々が対峙する“光と影”を、闘牛を通して鮮やかに映し出したドラマ。ヴィセンテ・ブラスコ・イバニェスの小説『血と砂』を'1922年、'1941年に続く3度目の映画化。 いわゆるリメ ...

地球防衛未亡人

地球防衛未亡人 53点

地球防衛未亡人 映画批評・備忘録 怪獣映画をベースに、エロティックやパロディ、尖閣諸島問題や原発問題を織り込んだ作品である。 キャッチコピーは「地球のために、イキます・・・ 破壊と官能のエクスタシー」 壇蜜が初めて年齢制限なしの映画に主演す ...

映画 みんな!エスパーだよ!

映画 みんな!エスパーだよ! 70点

映画批評・備忘録 けしからん!スケベな映画です(笑) 原作の漫画もドラマも見てないので、この映画を楽しく観賞できました。 出演者は、いろいろな意味で。。。それぞれ持ち味が出ていてすごくスケベで面白いんです。 超能力学園Z的なノリを意識したの ...

硝子の塔

硝子の塔 49点

映画批評・備忘録 「フラットライナーズ」で、盗撮趣味(セックス・テープ愛好家)のハンサムな変態を演じたウィリアム・ボールドウィン再び。。。と、「氷の微笑」で魔性の女を演じたシャロン・ストーン再び。。。って具合に2作品が融合した作品で、セルフ ...

ピラニア3D

ピラニア3D 88点

2017/08/26   -2010年代, エロス, パニック, ホラー
 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ピラニア3D 映画批評・備忘録 オリジナルを超えたリメイク作品。 恐怖もエロさも会心の出来栄え! 冒頭にジョーズのリチャード・ドレイファスが登場し、早々に退場するわけですが、スタッフからの熱い要望に応える形で出演したようです。今作には、バッ ...

メノット

メノット 35点

メノット 映画批評・備忘録 揺れる藤本綾のおっぱいを見るための映画。サスペンスなのか官能なのかよくわからない脚本で2時間ドラマより内容が薄く効果的な演出も皆無。ともかく我慢に我慢を重ねて藤本綾の裸を愛でる映画。 ※藤本綾の映画初主演にして芸 ...

お姉チャンバラ THE MOVIE

お姉チャンバラ THE MOVIE 63点

お姉チャンバラ THE MOVIE 映画批評・備忘録 セクシー×バイオレンスの人気ゲームを実写化。勝春役の脇くんの演技が「棒」過ぎてヤバイが、ヒロイン達の演技は脇くんより上手。パンチラ、パイチラショットを交えながらの殺陣シーンは見応えがある ...


Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.