「ドラマ」 一覧

昼顔

昼顔 80点

昼顔 映画批評・備忘録 監督は西谷弘、脚本は井上由美子が担当し、ドラマ版から続投となる。ストーリーは、ドラマの結末から3年後が描かれた作品になります。 ドラマを見ていなくても成立している作品で、素直に良い脚本だと思います。また映像についても ...

ペイ・フォワード 可能の王国

ペイ・フォワード 可能の王国 74点

ペイ・フォワード 可能の王国 映画批評・備忘録 キャサリン・ライアン・ハイドの小説を映画化。キャッチコピーは「きっかけはここにある!」 少年が考案したペイ・フォワードが善意の連鎖を生んでいく模様と彼とその家族のドラマを紡いだ作品です。オスメ ...

真木栗ノ穴

真木栗ノ穴 81点

真木栗ノ穴 映画批評・備忘録 四谷ラウンド文学賞を受賞し評論家に絶賛された女流作家・山本亜紀子による異色の小説「穴」を映画化。 邦画の良さを感じられる映画で、派手さは全くなくとも物語に夢中になれる演出や映像が魅力です。エロティック・ホラーで ...

勝利への脱出

勝利への脱出 80点

勝利への脱出 映画批評・備忘録 第二次世界大戦の最中、ドイツの捕虜となっていた連合軍兵士とドイツ代表との間で行われることになったサッカーの国際試合と、その背後で進められる脱走計画をテーマにしています。 史実は悲劇でしたが、今作では娯楽映画と ...

オーバー・ザ・トップ

オーバー・ザ・トップ 91点

オーバー・ザ・トップ 映画批評・備忘録 愛する息子のために腕相撲(アーム・レスリング)大会のチャンピオンを目ざすトラッカーを描いたドラマ。 出演者には後にプロレスラーとなるスコット・ノートンや、元プロレスラー(後にカムバック)のテリー・ファ ...

ギルバート・グレイプ

ギルバート・グレイプ 81点

ギルバート・グレイプ 映画批評・備忘録 ピーター・ヘッジスの同名小説の映画化。レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞にノミネートされた。 ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイスと唯一無二の若手俳優が揃って出演してい ...

バスケットボール・ダイアリーズ

バスケットボール・ダイアリーズ 74点

映画批評・備忘録 原作はジム・キャロルが13歳から16歳までつけていた日記『マンハッタン少年日記』。公開された当時は、麻薬依存や売春が描かれていたために物議を醸した。アメリカではMPAAによりカットされてR指定を受け、韓国では公開禁止となっ ...

幸福の条件

幸福の条件 38点

幸福の条件 映画批評・備忘録 ジャック・エンゲルハードの同名小説を、ロバート・レッドフォード主演で映画化した作品。共演者にデミ・ムーアとウディ・ハレルソンなど、豪華な出演陣ではあったが、その年のゴールデンラズベリー賞のほとんどの部門にノミネ ...

不法侵入

不法侵入 77点

不法侵入 映画批評・備忘録 正義を守るはずの警官に狙われた夫婦の姿を描いたサイコ・スリラー映画。悪徳警官役といえば、この人!っていうほどはまり役のレイ・リオッタ。ハンサムなんだけど、なんか闇を感じる目が印象的です。他の役では暴れん坊のイメー ...

アビス

アビス 76点

アビス 映画批評・備忘録 深海に潜む生物体との遭遇を描くアドベンチヤー・ロマン。本作は140分の公開版と、171分の完全版が存在する。 ジェームズ・キャメロン監督が高校時代に書き記した短編小説を原作とし、自身の手でそれに新たな肉付けを施し映 ...

シークレット・ミッション

シークレット・ミッション 82点

シークレット・ミッション 映画批評・備忘録 北朝鮮のエリートスパイたちに下された極秘任務とその孤独な戦いを描き、2013年映画興行成績5位、観客動員数600万人超えの韓国大ヒット作! 第50回大鐘賞:新人俳優賞(キム・スヒョン)を受賞。 ス ...

T2 トレインスポッティング

T2 トレインスポッティング 75点

T2 トレインスポッティング 映画批評・備忘録 1996年の映画『トレインスポッティング』の21年ぶりの続編。ドラッグにはまった明日なき若者たちの日常をスタイリッシュな映像&サウンドを駆使して描き、当時、世界中の若い観客に愛された「トレイン ...

パッセンジャー

パッセンジャー 81点

パッセンジャー 映画批評・備忘録 極限状況に置かれた男女の愛と運命を壮大なスケールで描くスペーススペクタクルロマン「乗客5000人 目的地まで120年 90年も早く 2人だけが目覚めた 理由は1つーー。」 過去のSF映画やドラマのエレメント ...

チャッピー

チャッピー 83点

チャッピー 映画批評・備忘録 2004年にブロムカンプが製作した短編映画『Tetra Vaal 』を長編映画化したものである。「第9地区」「エリジウム」のニール・ブロムカンプ監督が、感情を持ったロボット“ チャッピー”の姿を描く近未来ハード ...

女優霊

女優霊 81点

女優霊 映画批評・備忘録 映像に漂う空気感や俳優たちのどことなく素人っぽいリアリティがストーリーとマッチしていて非常に怖い作品になっている。主人公の柳ユーレイは、棒読みのようで味のあるセリフ回しや表情がホラー映画と相性が良くこの作品以降も起 ...


Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.