「ドラマ」 一覧

アビス

アビス 76点

アビス 映画批評・備忘録 深海に潜む生物体との遭遇を描くアドベンチヤー・ロマン。本作は140分の公開版と、171分の完全版が存在する。 ジェームズ・キャメロン監督が高校時代に書き記した短編小説を原作とし、自身の手でそれに新たな肉付けを施し映 ...

シークレット・ミッション

シークレット・ミッション 82点

シークレット・ミッション 映画批評・備忘録 北朝鮮のエリートスパイたちに下された極秘任務とその孤独な戦いを描き、2013年映画興行成績5位、観客動員数600万人超えの韓国大ヒット作! 第50回大鐘賞:新人俳優賞(キム・スヒョン)を受賞。 ス ...

T2 トレインスポッティング

T2 トレインスポッティング 75点

T2 トレインスポッティング 映画批評・備忘録 1996年の映画『トレインスポッティング』の21年ぶりの続編。ドラッグにはまった明日なき若者たちの日常をスタイリッシュな映像&サウンドを駆使して描き、当時、世界中の若い観客に愛された「トレイン ...

パッセンジャー

パッセンジャー 81点

パッセンジャー 映画批評・備忘録 極限状況に置かれた男女の愛と運命を壮大なスケールで描くスペーススペクタクルロマン「乗客5000人 目的地まで120年 90年も早く 2人だけが目覚めた 理由は1つーー。」 過去のSF映画やドラマのエレメント ...

チャッピー

チャッピー 83点

チャッピー 映画批評・備忘録 2004年にブロムカンプが製作した短編映画『Tetra Vaal 』を長編映画化したものである。「第9地区」「エリジウム」のニール・ブロムカンプ監督が、感情を持ったロボット“ チャッピー”の姿を描く近未来ハード ...

女優霊

女優霊 81点

女優霊 映画批評・備忘録 映像に漂う空気感や俳優たちのどことなく素人っぽいリアリティがストーリーとマッチしていて非常に怖い作品になっている。主人公の柳ユーレイは、棒読みのようで味のあるセリフ回しや表情がホラー映画と相性が良くこの作品以降も起 ...

スターマン/愛・宇宙はるかに

スターマン/愛・宇宙はるかに 80点

スターマン/愛・宇宙はるかに 映画批評・備忘録 主演のジェフ・ブリッジスは、この作品で1985年度サターン賞主演男優賞を受賞し、同年の第57回アカデミー賞主演男優賞およびゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞にノミネートされた。ジェフ・ブリ ...

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ 90点

世界の中心で、愛をさけぶ 映画批評・備忘録 興行収入85億円、観客動員数620万人を記録し、この年の実写映画No.1になった(興行収入85億円も首位)。主題歌の 平井堅「瞳をとじて」も大ヒットした。過去と現在をリンクさせながら描く切なく爽や ...

ラスト・オブ・モヒカン

ラスト・オブ・モヒカン 95点

ラスト・オブ・モヒカン 映画批評・備忘録 ホーク・アイを演じるダニエル・デイ=ルイスの完璧な役作りとその演技に魅了され、ヒロインのマデリーン・ストウの透き通った美しさの虜になる。見るたびに胸が熱くなり、強く美しい愛に心が打たれる。映像も音楽 ...

ダンテズ・ピーク

ダンテズ・ピーク 86点

ダンテズ・ピーク 映画批評・備忘録 知名度は低いものの自然災害系パニック映画では名作との呼び声高い本作。 007のピアーズ・ブロスナンとターミネーター(サラ・コナー)のリンダ・ハミルトンが共演。前述の出演作に比べると二人とも自然体の演技で好 ...

ミシシッピー・バーニング

ミシシッピー・バーニング 98点

ミシシッピー・バーニング 映画批評・備忘録 巨匠アラン・パーカー監督によって、1964年に米ミシシッピ州フィラデルフィアで公民権運動家3人が殺害された事件を映画化。オープニングから息が詰まるほどの凄惨なシーンがあり、当時の人種差別が日常的で ...

俺はまだ本気出してないだけ

俺はまだ本気出してないだけ 60点

俺はまだ本気出してないだけ 映画批評・備忘録 小学館「月刊IKKI」で連載されていた青野春秋の人気漫画を実写化したコメディー・ドラマ。 何となく会社を辞めた42歳のバツイチ中年男が、ゲームに明け暮れ、娘に借金し、グズった果てに家出するという ...

フォーリング・ダウン

フォーリング・ダウン 77点

フォーリング・ダウン 映画批評・備忘録 ロサンゼルスを舞台に、日常生活に疲れた平凡な男が理性を失い、数々の事件を起こしていく姿を描くサスペンス・スリラー。 ドナルド・トランプの台頭やアラフォー・クライシスを予感させる90年代の毒にも薬にもな ...

血と砂

血と砂 50点

血と砂 映画批評・備忘録 アンダルシア地方を舞台に、スペインの人々が対峙する“光と影”を、闘牛を通して鮮やかに映し出したドラマ。ヴィセンテ・ブラスコ・イバニェスの小説『血と砂』を'1922年、'1941年に続く3度目の映画化。 いわゆるリメ ...

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3 88点

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3 映画批評・備忘録 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の続編。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ3部作の3番目で完結編にあたる。マイケル・J・フォックスはこの映画の撮影中にパ ...


Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.