300 〈スリーハンドレッド〉90点

300 〈スリーハンドレッド〉

映画批評・備忘録

ザック・スナイダー監督らしいスピード感と重厚感で一挙に突き抜ける作品
世界観はコミックの世界をそのまま実写化した感じで、幻想的ではあるものの、肉弾戦の迫力は凄くレオニダスを演じるジェラルド・バトラーを筆頭に、魂を揺さぶられるほど力強く熱く演じている

※この映画に対し、イラン政府がイラン人の先祖であるペルシア人を激しく冒涜しているとして非難している。これに対して、映画製作関係者達は、「この映画は、単にイラン人とスパルタ人の戦争物語を、史実と異なる形で語っているもので、歴史を正確に伝えるものではない。」と説明している。
※ごく一部を除いてすべてスタジオで撮影され、背景などもCGで編集したものが多い。

採点の内訳

脚本:34点
演技・演出:18点
撮影・美術:18点
編集:10点
音響・音楽:10点

合計90点

タイトル

300 〈スリーハンドレッド〉(原題: 300)

あらすじ

紀元前480年、スパルタ王レオニダス(演:ジェラルド・バトラー)の元にペルシア帝国からの使者が訪れ、スパルタに服従を要求した。レオニダスはこれを拒否し、使者を殺害した。
レオニダスはスパルタ全軍での迎撃を考えていたが、デルポイの神託によって非戦と決定されてしまった。王と言えども神託には従う義務があり、スパルタ評議会も非戦の方針を支持した。
このままではスパルタは戦わずしてペルシア帝国の支配下に入ってしまう。レオニダスは「散歩」と称して300名の親衛隊を率い、ペルシア王クセルクセス(演:ロドリゴ・サントロ)率いる100万のペルシア軍の迎撃に向かった。兵力差は圧倒的であったが、スパルタ軍は峻険な山と海に挟まれた狭い街道に布陣して、ペルシア軍が大軍の利を生かし切れないようにした。
ここに、壮絶な死闘となるテルモピュライの戦いが始まる。

スタッフ

監督:ザック・スナイダー
脚本:ザック・スナイダー,マイケル・E・ゴードン,カート・ジョンスタッド
原作:フランク・ミラー
製作:ジャンニ・ヌナリ,マーク・キャントン,バーニー・ゴールドマン,ジェフリー・シルバー
製作総指揮:フランク・ミラー,デボラ・スナイダー,クレイグ・J・フローレス,トーマス・タル,ウィリアム・フェイ,スコット・メドニック,ベンジャミン・ワイスブレン
音楽:タイラー・ベイツ
撮影:ラリー・フォン
編集:ウィリアム・ホイ
製作会社:レジェンダリー・ピクチャーズ,バーチャル・スタジオズ,Atmosphere Pictures,Hollywood Gang
配給:ワーナー・ブラザース

キャスト

ジェラルド・バトラー
レナ・ヘディ
ドミニク・ウェスト
デビッド・ウェナム
ヴィンセント・リーガン
マイケル・ファスベンダー
トム・ウィズダム
アンドリュー・プレヴィン
アンドリュー・ティアナン
ロドリゴ・サントロ
ピーター・メンサー

予告編

商品情報