2000年代 アクション ホラー 時代劇

魔界転生 47点

更新日:

魔界転生 映画批評・備忘録

1981年版の出来が非常に良いこともあるが、それはリメイクする地点で分かっていた事で、この程度の出来栄えならリメイクしなくてもよく、天草四郎役の窪塚洋介は見た目の印象は悪くないが、活絶が悪くボソボソと話す姿や喜怒哀楽を感じない冷めた感は、リアルなようで映画的でなく演出の失敗に見える。また柳生十兵衛役の佐藤浩市も豪快なイメージのある役に対し武芸者とは思えない非力さと未熟さを感じるものである。そのほかの魔界衆や柳生たちも全員殺陣が下手くそに映り、古田新太が演じる宝蔵院胤瞬はもはやコントである。無駄にCGやスロー再生など駆使しているところが多く、コストカットのためのCG演出になっている。オープニングの出来が一番よく、徐々にたるんでいく残念な出来栄え。

魔界転生 採点の内訳


脚本:15点
演技・演出:5点
撮影・美術:14点
編集:6点
音響・音楽:7点
合計47点

魔界転生 タイトル

魔界転生

魔界転生 あらすじ

島原の乱で死んだ天草四郎時貞が従者のクララお品を従え、堕天使のごとく復活した。10年ほど後、3代将軍徳川家光の時代、徳川幕府滅亡を志す四郎は鷹狩りに来ていた野心家の徳川頼宣を挑発する。彼に秘術を使って蘇らせた配下の現世に無念を抱く魔界衆荒木又右衛門、宮本武蔵、宝蔵院胤舜を差し向ける。又右衛門の襲撃を期に柳生十兵衛を始めとするお雛、伊達小三郎の柳生衆は秘術の生贄に誘拐されたおひろを追って戦いに参加する。戦いで魔界衆を破られた四郎はさらにクララお品の身体を使って徳川家康までも転生させる。

魔界転生 スタッフ

製作:「魔界転生」製作委員会(東映、角川書店、日本テレビ放送網、TOKYO FM、讀賣テレビ放送、日本出版販売、東映ビデオ)
監督 : 平山秀幸
脚本 : 奥寺佐渡子
撮影 : 柳島克巳
照明 : 杉本崇
録音 : 松陰信彦
音楽 : 安川午朗
特殊メイク : 原口智生
技斗 : 清家三彦
特撮監督 : 佛田洋
製作協力 : 東映京都撮影所

魔界転生 キャスト

佐藤浩市 : 柳生十兵衛
窪塚洋介 : 天草四郎時貞
麻生久美子 : クララお品
長塚京三 : 宮本武蔵
古田新太 : 宝蔵院胤瞬
加藤雅也 : 荒木又右衛門
中村嘉葎雄 : 柳生但馬守
杉本哲太 : 徳川頼宣
柄本明 : 松平伊豆守
黒谷友香 : おひろ
吹石一恵 : お雛
高橋和也 : 伊達小三郎
田中要次 : 磯谷千八
麿赤兒 : 徳川家康
浜田晃 : 木村助九郎
國村隼 : 陣野佐左衛門

魔界転生 予告編

魔界転生 商品情報



-2000年代, アクション, ホラー, 時代劇
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.