鉄男 60点

鉄男

1989年公開の日本映画。制作費1,000万、4畳半のアパートで廃物のSFXと少数のスタッフで制作。ローマ国際ファンタスティック映画祭のグランプリを受賞。制作時点では海外での上映は考えてなかったが、東京国際ファンタスティック映画祭のプロデューサーの小松沢陽一が海外の映画祭に持って行ったことで、一般公開1作目にして国際的に高く評価され、後の海外映画祭における多数の新世代の日本映画評価への先鋒となる。クエンティン・タランティーノ、ギレルモ・デル・トロ、ジェームズ・ワン&リー・ワネル、ギャスパー・ノエ、ダーレン・アロノフスキーといった映像作家も塚本フリークを公言している。

鉄男 映画批評・備忘録



鉄男

脚本:10点
演技・演出:16点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:10点
合計60点


1960年代後半のテイストながらも1989年と比較的新しい作品になります。当時、規格外の今作品を見て戦慄が走りましたが、改めて見ると石川忠の音楽が映像以上に凄いことに気づきました。とてもカッコいいというか古さを感じない新しい音でした。曲調がターミーネーターの作曲者のブラッド・フィーデルと似ていますが、石川忠の方が荒々しくパンチが利いています。脚本はあってないようなもので、演出主体の作品だと思います。チンコドリルの破壊力は凄まじいものがあり、しばらくチンコがドリルだったらどうしよう~という悪夢に震え上がります。悪趣味ではありますが、画期的な作品だったと思います。
今作品は Huluで見ました。


タイトルは大友克洋の漫画『AKIRA』の登場人物「鉄雄」に由来しているという説があるが、『鉄男』の製作を開始した当時『AKIRA』の中の「鉄雄」は未だ鉄になっていなかった、と塚本晋也自身、雑誌のインタビューで語っている。
諸星大二郎の漫画『生物都市』との類似点が指摘されており、実際に塚本晋也自身も『生物都市』を過去読んでいたが、制作段階では作品の存在自体を忘れていた。そのため指摘を受けてから類似点に気付いた。



amazonプライム・ビデオ

鉄男 あらすじ


“やつ”は自らの体に肉体改造を施すが、失敗。蛆のわいている自分の脚に驚き、外に飛び出した瞬間に車に轢かれてしまう。

一方、平凡なサラリーマンである”男”はある朝に自分の頬から金属片が出ているのに気づく。彼の日常はその日を境に一変し、自分の体が次第に鉄化していくのに困惑する。

全ては男が車で轢き、山林に遺棄した”やつ”の復讐であった。

やがて全身が鉄に覆われたとき、男はやつと対峙する事となるが…。

鉄男 スタッフ


監督:
脚本:
音楽:
撮影:,
編集:

鉄男 キャスト


男:
普通のサラリーマンだったが、”やつ”の仕業により体全身が金属に覆われていく。
やつ:
“男”の車に轢かれ、頭に金属棒が刺さってしまったことで、金属を人間の体に同化させ、意のままに操るNEW WORLDの能力を身につける。ゼッケン番号は”×”。
女:
“男”の恋人。
眼鏡の女:
読書好きの平凡なOLだったが、”やつ”に操られ男を襲う刺客となる。
医者:
頭に金属棒が刺さった”やつ”の身体を診察した。
謎の浮浪者:
“やつ”の目的を邪魔するかのように、”男”を襲った謎のホームレス。

鉄男 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ