遊星からの物体X  84点

遊星からの物体X

1982年公開のアメリカ合衆国のSFホラー映画。南極基地に現れた地球外生命体の怪物とそれに立ち向かう隊員達を描く。ジョン・カーペンター監督、ターマン・フォスター・プロ製作。SFX担当は当時22歳のロブ・ボッティンで、同監督の『ザ・フォッグ』(1979年)に続いての起用となる。

遊星からの物体X  映画批評・備忘録


遊星からの物体X (原題:The Thing)

脚本:36点
演技・演出:16点
撮影・美術:18点
編集:8点
音響・音楽:6点
合計:84点


グロテスクなのに、何回も見てしまう飽きない映画。女性が全く出演していない上にむさ苦しい男ばかり。でも見てしまう。全編に漂う緊張感や予想外の演出、特撮は今見ても耐えられるほど良くできている。
今作で描写された寄生設定、宇宙人の造形や演出は、今作以降の映画やドラマ、日本の漫画やアニメにも大きな影響を与えている。

1975年、ユニバーサル映画のスチュアート・コーエンが友人のカーペンターに『遊星よりの物体X』のリメイク企画を打診。2年後、『エイリアン』のヒットによって企画にゴーサインが出たものの、脚本は難航した。 『遊星よりの物体X』(1951年)のリメイクというよりも、原作となった短編小説『影が行く』に対する忠実な映像化となっている。「通信機能が麻痺してしまった南極越冬基地」という閉鎖空間において、「誰が人間ではないのか、自分が獲り込まれたのかすらも分からない緊迫した状況下における、隊員達の心理状態と、難局を打開しようとする姿」を描き、最後まで明快な結末は見えない。原作と大きく異なる部分は「物体Xの形状」「登場人数」「生きものを退治する方法」などである。また、映画では地球外生物の同化する様子、増殖し擬態する生態をSF的理論の範囲内でまとめ、説明も行っている。


amazonプライム・ビデオ

遊星からの物体X  あらすじ

約10万年前、宇宙から飛来した飛行船が地球に引き寄せられ、大気圏で炎に包まれながら南極へと落下した。
1982年、冬の南極。ノルウェー隊のヘリが、1匹の犬を追って全12名の隊員がいる南極観測隊第4基地へ現れた。銃や手榴弾を使い執拗に犬を狙うが失敗し、手違いからヘリは爆発。一人生き残ったノルウェー隊員は基地内へ逃げた犬を追って銃撃を続け、基地の隊員を負傷させてまで犬を殺そうとするが、基地の隊長により射殺される。
殺害するべく犬を追っていたノルウェー隊に一体何があったのか?真相を究明すべくノルウェー基地へ向かったヘリ操縦士のマクレディ(演:カート・ラッセル)らが見つけたものは、燃え上がり廃墟と化したノルウェー基地、自殺し凍りついた隊員の死体、何かを取り出したと思しき氷塊、そして異様に変形し固まったおぞましい焼死体だった。一行は調査のため、残されていた記録フィルムと焼死体を持ち帰る。
生き延びた犬は基地内を徘徊し、夜になると犬小屋に入れられた。その途端犬は変形し、グロテスクな姿のThe Thing(生きもの)となり他の犬達を襲い始めた。だが、犬の咆え声を聞いて駆けつけた隊員たちにより、火炎放射器で焼かれ撃退される。
ノルウェー隊の記録フィルムに映し出されたのは、雪原の巨大なクレーターと、約10万年前のものと推測される氷の層にある巨大な構造物を調査している場面だった。やがて持ち帰った焼死体が動きだし、蘇ったThe Thingが隊員の一人を襲ってその姿に成り代わった。結局そのThe Thingは、隊員たちの手で他のThe Thingの死骸と共に焼却処分されたのだった。
調査の結果、The Thingは取り込んだ生物に同化・擬態して更に増殖することが可能で、もし人類の文明社会にThe Thingが辿り着くと、およそ2万7000時間に全人類が同化されることがコンピュータの試算により判明する。それを知った隊員の一人が誰も基地の外へ出られないようにするため無線機やヘリ等の移動手段を使えなくしてしまい、基地は完全に孤立する。その環境で隊員たちは誰がThe Thingに同化されているか判断出来なくなり、疑心暗鬼に陥る。そして知らぬ間に同化されていく南極越冬隊員たち。このままでは皆がThe Thingと化し、人類の文明社会へと出てしまう。果たして隊員たちの、そして人類の運命は?

遊星からの物体X  スタッフ

製作総指揮:
製作:,,
監督:
脚本:
原作:(『影が行く』早川書房刊)
撮影:
音楽:
特撮:,,,
メイクアップ:
追加モンスター(ドッグモンスター)製作:
編集:
配給:

遊星からの物体X  キャスト










遊星からの物体X  予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ