超高速!参勤交代 リターンズ 82点

超高速!参勤交代 リターンズ

2016年公開の日本映画。幕府の陰謀で5日以内の「参勤」という難題を突き付けられた東北の弱小貧乏藩が、知恵を絞って危機に立ち向かう『超高速!参勤交代』の続編。前作で行きの「参勤」を果たし藩の取り潰しを免れた湯長谷藩一行が、彼らへの復讐(ふくしゅう)に燃える老中が仕掛けた謀略により、帰りの「交代」でさらなる大ピンチに見舞われるさまを描く。

超高速!参勤交代 リターンズ 映画批評・備忘録


超高速!参勤交代 リターンズ

脚本:30点
演技・演出:18点
撮影・美術:18点
編集:9点
音響・音楽:7点
合計82点


前作の出来が素晴らしかったので、今作も期待して見ましたが、裏切られることなく面白かったです。今作は参勤交代の帰りを描いているんですが、帰りは超高速っていう感じもないし、老中の陰謀がメインなので超高速!参勤交代のタイトル替えをしても良かったようにも思います。前作よりも娯楽映画度がマシマシになっているので時代劇ドラマ好きには、丁度良いさじ加減です。コメディ色が強く勧善懲悪なのに、殺陣(タテ)がしっかりしているのでアクションも見事な出来でした。前作に比べると脚本に唸らされるようなものが無かったので割引ましたが、続編としては成功作だと思います。


超高速!参勤交代 リターンズ あらすじ

江戸時代、幕府から5日以内の「参勤」という無茶な難題を、知恵と工夫で何とか果たした湯長谷藩。藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)率いる一行は帰途に就く「交代」の道中、湯長谷で一揆が起きたという知らせに仰天する。彼らに敗北した老中・松平信祝(陣内孝則)の逆襲によるもので、一揆を鎮めるため大急ぎで帰郷した政醇たちだったが、城は奪われており……。

超高速!参勤交代 リターンズ スタッフ

監督:
脚本:
原作:
製作:
製作総指揮:
音楽:
主題歌:斉藤和義「行き先は未来」
撮影:
編集:
製作会社:
配給:

超高速!参勤交代 リターンズ キャスト












超高速!参勤交代 リターンズ 予告編・無料動画