蠱毒 ミートボールマシン 40点

蠱毒 ミートボールマシン

2017年公開の日本映画。原案は山本淳一(同名の元アイドルとは別人)・山口雄大監督による2006年の映画『MEATBALL MACHINE ~ミートボールマシン~』(主演:高橋一生)で、2006年版はさらに1999年山本淳一が手掛けた自主制作映画『ミートボールマシン』(DVD版タイトルは『ミートボールマシン オリジン』)を原作としている。なお西村喜廣は2006年版で特撮造形を担当している。田中要次初主演映画。謎の生命体に寄生されたパッとしない男が、ネクロボーグと呼ばれる生命体と激闘を繰り広げる。

蠱毒 ミートボールマシン 映画批評・備忘録



蠱毒 ミートボールマシン(こどく みーとぼーるましん)

脚本:9点
演技・演出:11点
撮影・美術:9点
編集:6点
音響・音楽:5点
合計40点


田中要次初主演作品にして、悪趣味なSFアクションホラーです。前作もひどかったですが今作もひどいB級映画作品です。ジャッキーちゃんでお馴染の栄島智や屋敷紘子がいなければ見るに堪えない映像(アクション)でした。また、百合沙が脱いでくれたから救われた作品です。僕も百合沙のおっぱいが見れたので許しました。何をよw
監督と仲が良いのでしょうが、斎藤工が出演しています。
今作品は Huluで見ました。



amazonプライム・ビデオ

蠱毒 ミートボールマシン あらすじ


借金の取り立て屋をしているものの、ノルマの額を満足に回収できないことから上司に叱責されてばかりいる50歳の野田勇次(田中要次)。さらに母親から何かと金の無心をされて生活が苦しい上に、ガンに侵されていることが発覚する。すっかり生きる希望をなくしてしまった彼の頭に人間の肉体を操る生命体・ユニットが寄生する。彼は、思いを寄せるカヲル(百合沙)に襲い掛かるネクロボーグという生命体を次々と倒していくが……。

蠱毒 ミートボールマシン スタッフ


監督・脚本・編集:
脚本:
製作:
プロデューサー: /
撮影:
照明:
美術:
録音:
衣装:
ヘアメイク:
VFXスーパーバイザー:
特殊造型: /
アクション監督:
音楽:
キャスティング:
助監督:
制作担当:
配給・制作プロダクション:
製作:

蠱毒 ミートボールマシン キャスト


野田勇次:
カヲル:
マミ:
田ノ上:
長谷:
酒井:
カップル:(男)、(女)
高橋:
老爺:
貧乏な男:
ボロボロの女:
警官隊:
次郎:
萌:
神父:
黒岩:
小人女:
ユイ:
サオリ:
アイラ:
“白線女”と呼ばれる謎の女:
謎の宇宙人:
ネクロボーグ:

蠱毒 ミートボールマシン 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ