蝋人形の館 85点

蝋人形の館

2005年のアメリカ合衆国・オーストラリア合作映画。チャールズ・ベルデンの戯曲を原作とするホラー映画。1933年版、1953年版に続く3度目の映画化。

蝋人形の館 映画批評・備忘録


蝋人形の館(原題: House of Wax)

脚本:35点
演技・演出:16点
撮影・美術:19点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計85点


ストーリーの展開がとてもテンポ良く、あっという間にエンディングを迎えてしまうほど、よくできたホラー映画です。悪く言えば単調なのでもう少しひねりが欲しいところですが、圧倒的な映像の凄さにやられます。クライマックスは一体どうやって撮ったんだろうか?。。。どこまでがCGなのか分からないほどよくできています。

監督は『エスター』やブレイク・ライブリー主演の『ロスト・バケーション』を撮ったジャウム・コレット=セラ監督だけあって、徹底的に無駄な演出を省いて観客を退屈させない上手さがあります。この作品がデビュー作なんだから大したものです。

また、パリス・ヒルトンが好演していたり、スーパーナチュラルのサムことジャレッド・パダレッキが主人公の彼氏役で出演しています。スーパーナチュラルに今作の縁もありパリス・ヒルトンがゲスト出演している回があります。

エロティック・ホラーとなっていますが、別にエロくないです。まぁ女優の肉感がいい感じに見えたりパリス・ヒルトンのサービスシーンがちょっとだけある感じです。


蝋人形の館 あらすじ

6人の若者たちが大学フットボールの試合観戦のため、スタジアムへ向かっていた。 しかし、道中のキャンプ場で一夜を過ごした翌朝、車が故障。主人公カーリーと恋人は車の部品を購入するため、近くの町へ向かう。 カーナビに載っていない町アンブローズにやってきた2人は、人の気配が無い町の中に一軒の蝋人形館を見つける。 あとを追ってやってきたカーリーの兄とその友人、キャンプ場に残っていた2人にも、呪われた蝋人形の魔の手が迫る。

蝋人形の館 スタッフ

監督:ジャウム・コレット=セラ
製作:ロバート・ゼメキス,ジョエル・シルバー,スーザン・レヴィン,L・レヴィン
製作総指揮:ブルース・バーマン,ポリー・コーエン,ハーブ・ゲインズ,スティーヴ・リチャーズ
音楽:ジョン・オットマン
原案:チャールズ・ベルデン
脚本:チャド・ヘイズケイリー・ヘイズ
共同製作:リチャード・ミリッシュ
製作補:エリック・オルセン
挿入歌:リアム・ハウレット “Spitfire”、マリリン・マンソン “Dried Up, Tied And Dead To The World”
撮影:スティーヴン・F・ウィンドン
編集:ジョエル・ネグロン
製作会社:ダークキャッスル・エンタテインメント,ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース

蝋人形の館 キャスト

カーリー・ジョーンズ:エリシャ・カスバート
ニック・ジョーンズ:チャド・マイケル・マーレイ
ボー&ヴィンセント:ブライアン・ヴァン・ホルト
ペイジ・エドワーズ:パリス・ヒルトン
ウェイド:ジャレッド・パダレッキ
ダルトン・チャップマン:ジョン・エイブラハムズ
ブレイク:ロバート・リチャード
トルーディ・シンクレア:ドラジシア・デバート
シンクレア博士:マレー・スミス
若い頃のボー:トーマス・アダムソン
若い頃のヴィンセント:サム・ハーケス
運転手:デイモン・ヘリマン
保安官:アンディ・アンダーソン

蝋人形の館 予告編