真夏の方程式 81点

真夏の方程式

2013年公開の日本映画。東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者・湯川学を演じる人気シリーズの劇場版第2作。子ども嫌いで有名な湯川が、10歳の少年・恭平と海辺の町で夏を過ごすことになり、事件に巻き込まれていく姿を描く。

真夏の方程式 映画批評・備忘録


真夏の方程式

脚本:33点
演技・演出:16点
撮影・美術:17点
編集:7点
音響・音楽:8点
合計81点


容疑者Xの献身とはまた違った魅力のある作品ではあるものの、前作のような感情が込み上げてくるような強い心の衝動が起こらず、後味の悪さが最後まで残った作品だった。
第一の殺人はともかく、元刑事(塚原)の殺害については、理由があるとしても善人であるはずの人が過ちを犯してしまう動機としては不十分過ぎるのが最後まで府に落ちなかった。元刑事(塚原)の描き方も執拗に過去の事件を暴こうとするような人物ではなく、善人であるがゆえに過去の事件を調べている感じなので、善人が善人を殺すという設定は無理があるように思えました。
この作品の良かった点は、湯川と少年の描き方がとても魅力的でした。少年との触れ合いが湯川が事件を解明していく動機になっていくのも良いですし、ところどころで湯川らしい言葉が一貫しているところもいいです。


真夏の方程式 あらすじ

手つかずの美しい海が残る玻璃ヶ浦で海底資源の開発計画が持ち上がり、その説明会に招かれた湯川は、宿泊先の旅館「緑岩荘」でひとりの少年・恭平と出会う。やがて旅館の近くで男性の変死体が発見され、遺体の身元が「緑岩荘」に宿泊していた元捜査一課の刑事・塚原だということがわかる。地元警察は塚原の死を転落死として処理しようとするが、現地入りした捜査一課の岸谷美砂は、塚原の死に不可解な点があることに気づき、湯川に事件解決への協力を依頼する。

真夏の方程式 スタッフ

原作 – (「真夏の方程式」文藝春秋刊)
監督 –
プロデューサー – ,,,
脚本 –
音楽 – ,
撮影 –
照明 –
美術 –
装飾 –
整音 –
録音 –
編集 –
VFXディレクター –
選曲 –
音響効果 –
製作 – ,,
制作プロダクション –
配給 –
製作 – ,,,FNS27社

真夏の方程式 キャスト

湯川学 –
岸谷美砂 –
草薙俊平 –
川畑成実 – (幼少期:豊嶋花、15年前:青木珠菜)
川畑重治 –
川畑節子 –
仙波英俊 –
塚原正次 –
柄崎恭平 –
三宅伸子 –
柄崎敬一 –
多々良管理官 –
塚原早苗 –
中川雅人 –
鵜飼継男 –
米山先生 –

真夏の方程式 予告編・無料動画