2010年代 アクション コメディ

珍遊記 5点

投稿日:

映画批評・備忘録

伝説のクソ漫画を実写化!そして見事にクソ映画!
監督や俳優がどうこうというより、製作会社の趣味の悪さと頭の悪さに戦慄を覚える
憎しみのマイナス採点すら与えたくない作品。伝説のギャグ漫画、伝説どおりギャグがつまらない

採点の内訳


脚本:1点
演技・演出:1点
撮影・美術:1点
編集:1点
音響・音楽:1点
合計5点

タイトル

珍遊記

あらすじ

天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(演:倉科カナ)は、偶然立ち寄った家のじじいとばばあに天下の不良少年・山田太郎(演:ピエール瀧/松山ケンイチ)を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎を引き取とることになり、何の因果か共に旅をする羽目に・・・果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか?
(いや、出来ない!)

スタッフ

監督 - 山口雄大
原作 - 漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)
脚本 - おおかわら、松原秀
音楽 - 森野宣彦
OP主題歌 - RIP SLYME「Take It Easy」
EDテーマ - RIP SLYME「Drop!」
バトルソング - マキシマムザホルモン「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」「ジョニー鉄パイプⅢ」
特殊メイク・造型デザイン - 百武朋
アクション監督 - 園村健介
アクションコーディネーター - 川本直弘
ガンアドバイザー - 西明彦
VFX - 鹿角剛
企画・総合プロデューサー・OP/EDロール構成 - 紙谷零
プロデューサー - 小林宏至、紀伊宗之、小助川典子、津田智
配給 - 東映
宣伝統括 - ヨアケ
制作プロダクション・幹事 - DLE
プロダクション協力 - 白組
製作 - 「珍遊記」製作委員会(DLE、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、東映、木下グループ、SDP、東映ビデオ)

キャスト

松山ケンイチ
倉科カナ
溝端淳平
田山涼成
笹野高史
温水洋一
ピエール瀧
板尾創路
藤本泉
矢部太郎
今野浩喜
おおかわら
ロバート・ボールドウィン

予告編

商品情報



-2010年代, アクション, コメディ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.