殺人拳2 77点

殺人拳2

1974年公開の日本映画。『』の第二作。空手・拳法の達人で、非情なプロフェショナルである剣琢磨(つるぎたくま)の活躍を描いた第二弾。琢磨・志堅原楯城しけんばるたてき・政岡憲道は、千葉真一・石橋雅史・鈴木正文が前作から引き続き出演しており、ストーリーは繋がっている。琢磨の新しい相棒に市地洋子、コメディリリーフに山城新伍、新たな敵にクロード・ガニオンと田中浩が配役された。

殺人拳2 映画批評・備忘録



殺人拳2

脚本:29点
演技・演出:17点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計77点


前作に比べて娯楽度が増し、分かりやすいアクション活劇になっています。独特の呼吸法と千葉アクションは健在で、関根勤じゃないですけど、ものまねしたくて仕方ないです。
前作は終始シリアス路線でしたが、今作からコメディパートがあり山城新伍が出てくるサウナシーンが笑えて面白いです。



amazonプライム・ビデオ

殺人拳2 あらすじ


竜虎殿の太田黒は、警察に捕まってしまった経理担当の劉元徳と逃亡中のリオ・グランドルの抹殺を、剣琢磨へ依頼。琢磨はバイクを暴走させ、大使館に逃げ込むが、追いかけてきた警察に自首をする。逮捕した政岡憲道の弟子でもある刑事の山上は、琢磨のただなる佇まいに同じ武道家として殺気を感じる。取り調べを受けている劉の部屋を通り過ぎようとした琢磨と警察官たち。手錠をかけられていた琢磨だが、取調室のドアを蹴破り、周りの刑事を倒し、劉の声帯を潰してしまった。そのまま3階から飛び降り、車で待っていた沖縄民謡を好む新たな相棒のピンボケと共に逃走。

山上は責任を感じ、辞表を出し、琢磨との直接対決を決意した。太田黒から対立する政岡の抹殺を依頼された琢磨は断る。太田黒のバックには極東マフィアのボスであるドン・コステロがおり、依頼を断った琢磨に次々と様々な格闘技や武術の達人たちが襲いかかってきた。志堅原楯城も琢磨に復讐しようと琢磨を付け狙う。琢磨は彼らを返り討ちにしながら、激しい戦いの渦中に入っていく。

殺人拳2 スタッフ


監督 :
企画 :
原案 :
脚本 :
撮影 :
照明 :
録音 :
美術 :
音楽 :
編集 :
助監督 :
記録 :
装置 :
装飾 :
背景 :
美粧結髪 :
スチール :
演技事務 :
衣裳 :
擬斗 :
操演効果 :
進行主任 :

殺人拳2 キャスト


: 剣琢磨
: ピンボケ
: 志堅原楯城
(空手) : 山上七郎
(空手) : 井村
(空手) : 練習生A
(空手) : 黒田
(空手) : マッサージ師に化けた刺客A
(空手) : 刺客A
(レスリング): 加藤
(拳法) : 練習生B
(拳法) : 政岡一子
(拳法) : 練習生C
(古武道) : 沢田
(古武道) : 藤村
(古武道) : 立右
(古武道) : 宅利
: 新星建設専務
: 伊原警部
: 藤崎部長刑事
: 居合斬りの男
: 太田黒の配下A
: 新星建設社員
: 太田黒の配下B
: 劉元徳
: 増田
: 太田黒の配下C
: 太田黒の配下D
: 太田黒の配下E
: 太田黒の配下F
: コステロの配下A
: コステロの配下B
: コステロの配下C
: 太田黒の配下G
: 太田黒の配下H
: ドン・コステロ
: リオ・グランドル
: ミャンマーの使い手
: ムエタイの使い手
: 殺し屋
: サウナの客
: 太田黒
※武術指導・特別出演(日本正武館): 政岡憲道

殺人拳2 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ