木村家の人びと 88点

木村家の人びと

映画批評・備忘録

バブル期の日本を舞台に、異常に金銭に執着する一家を明るいタッチで描いたコメディー映画。傑作に等しい作品にも関わらずなぜかDVD・ブルーレイ化されていないため、視聴にはオンライン配信かVHSレンタルになっている。監督は当時ピンク映画(にっかつじゃないポルノ)で話題作やヒット作を連発させていた滝田洋二郎の一般映画進出作品3作目が今作。

守銭奴がキーワードでもある今作は、ボクシングの亀田一家ではないけど、外側からみると異質だけど、親子には揺るぎようがない家族愛があり、そこをきちんと抑えてるのが滝田監督。また、お金への執着ぶりを面白おかしく表現・演出しているのも明るいタッチのためか、なんか気持ち良く、この作品が好きな人が多いのにも頷ける。

採点の内訳

脚本:38点
演技・演出:18点
撮影・美術:15点
編集:9点
音響・音楽:8点

合計88点

タイトル

木村家の人びと

あらすじ

木村家の家族はお金を貯めるために忙しい毎日を送っていた。仕出し弁当づくり、老人を使っての新聞配達、妻・典子の色っぽいモーニングコール・サービスなど。夫の肇はサラリーマンでありながら、こうした副業に異常な執念を燃やしていた。しかし、木村家の長男、小学生の太郎だけは金儲けに後ろめたさを感じていた・・・。

スタッフ

監督:滝田洋二郎
企画:村上光一、山田耕大
プロデューサー:宮島秀司、河井真也
制作:メリエス
脚本:一色伸幸
原作:谷俊彦
撮影:志賀葉一
美術:中澤克巳
照明:矢部一男
音楽:大野克夫
主題曲/主題歌:爆風スランプ「きのうのレジスタンス」
録音:宮本久幸
編集:冨田功
助監督:萩庭貞明
スチール:竹内健二

キャスト

鹿賀丈史(木村肇)
職業は普通の会社員だが、「お金儲け」が趣味で色々な副業をしている。

桃井かおり(木村典子)

肇の妻で照美&太郎の母。肇と共に「お金儲け」に夢中。

岩崎ひろみ(木村照美)
肇&典子夫妻の娘。両親に似てちゃっかりした性格。

伊崎充則(木村太郎)
肇&典子夫妻の息子で照美の弟。小学生。一家の中では一番常識人。

柄本明(雨宮晋一)
木内みどり(雨宮小百合)
風見章子(雨宮ミツ)
小西博之(高倉正志)
清水ミチコ(高倉さやか)
中野慎(高倉拳)
加藤嘉(時次郎)
木田三千雄(松吉)
奥村公延(竹吉)
多々良純(梅吉)
露原千草(富士江)
辻伊万里(鷹江)
今井和子(那須江)
酒井敏也(広野)
鳥越マリ(安代)
池島ゆたか(係長)
上田耕一(課長)
江森陽弘(神河内先生)
津村鷹志(校長先生)
竹中直人(隠れクズ屋)
螢雪次朗(ダンス教師)
ルパン鈴木(新聞店主)
山口晃史(貧婪な学生)
三輝みきこ(OL)
小林憲二(蕎麦屋A)
野坂きいち(蕎麦屋B)
江崎和代(淫らな主婦)
橘雪子(淡白な主婦)
ベンガル(中年男)

予告編

商品情報