暴走特急 83点

暴走特急

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。『沈黙の戦艦』の正式な続編。ケイシー・ライバックが主人公の2作品目。豪華列車を乗っ取り、世界を震撼させる陰謀を巡らすハイテク・テロ集団と戦うタフガイの活躍を描いたノンストップ・アクション。

暴走特急 映画批評・備忘録


暴走特急(原題:Under Siege 2: Dark Territory)

脚本:35点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計83点


この映画を最初に見たのは、アメリカの映画館だったんですが、片言の英語しか分からなくても十分楽しめた作品でした。大爆笑しながら見ている観客が多くてびっくり!
スティーブン・セガールの作品の中でも1,2を争うほど好きな映画です。


暴走特急 あらすじ

豪華列車グランド・コンチネンタルが武装集団にハイジャックされた。持ち込んだハイテク機器によって衛星軌道上のレーザー攻撃衛星を掌握した彼らは、それを世界中の武器商人に高く売るために非道なデモンストレーションを決行した。壊滅する中国の工場地帯、塵と化す航空機。そして攻撃衛星のシステム設計者であった主犯デイン(演:エリック・ボゴシアン)は、最後の目標をペンタゴンとその地下の原子炉に定めた。ワシントン崩壊へのカウントダウンが始まったのだ。だが完璧で用意周到な犯人たちの計画には唯一の誤算があった。それは、その車内に戦艦ミズーリを救ったあの男-ケイシー・ライバック(演:スティーヴン・セガール)が乗っていたことだった……。

暴走特急 スタッフ

監督:ジェフ・マーフィー
脚本:リチャード・ヘイテム,マット・リーヴス
製作:スティーヴン・セガール,スティーブ・ペリー,アーノン・ミルチャン
製作総指揮:ゲイリー・W・ゴールドステイン
共同製作:ジュリアス・R・ナッソー
音楽:ベイジル・ポールドゥリス
撮影:ロビー・グリーンバーグ
編集:マイケル・トロニック
製作会社:リージェンシー・エンタープライズ
配給:ワーナー・ブラザース

暴走特急 キャスト

スティーヴン・セガール
エリック・ボゴシアン
キャサリン・ハイグル
モリス・チェストナット
エヴェレット・マッギル
ニック・マンキューゾ
アンディ・ロマーノ
カートウッド・スミス
デイル・ダイ
ピーター・グリーン
ブレンダ・バーキ
パトリック・キルパトリック
スコット・ソワーズ
ブルース・マッギル

暴走特急 予告編