手紙 87点

手紙

2006年公開の日本映画。東野圭吾の小説『手紙』の映画化作品。犯罪加害者の親族の視点に立って、その心情の動向を丹念に追った作品である。主人公・武島直貴は、原作ではバンドを結成するが、映画では漫才コンビを結成する。

手紙 映画批評・備忘録


手紙

脚本:40点
演技・演出:12点
撮影・美術:20点
編集:10点
音響・音楽:5点
合計87点


素晴らしい作品だと思います。ただし、この素晴らしい作品を台無しにしたのは、主演の山田孝之でした。彼にはこの役を演じるにはまだ早かったように思えます。役作りからして全てダメでした。違和感を感じるほど整い過ぎたまゆげや長すぎるもみやげ、今一つ感情が溢れてこない瞳と表情。玉山鉄二の渾身の演技と比較するとあまりにも稚拙です。これだけ原作・脚本が優れている作品に出会うことがあまりないためとても残念でした。といっても随所に僕は涙で溢れていましたが、だからこそ残念に思ったのです。
この素晴らしい作品を台無しにした演出が最後にもありました。この歌が流れてきたときに、僕はえ?は?と感じました。小田和正の「言葉にならない」は確かに名曲ですが、感きわまった状態の言葉にならないシーンにこの曲は蛇足すぎるのです。これをあざとい演出といわずして何を言うって感じでした。


手紙 あらすじ

工場で働く20歳の青年・直貴には、刑務所に服役中の兄がいる。弟の学費を手に入れるため強盗に入った家で、誤って人を殺してしまったのだ。そんな兄のせいで人生が狂わされ、夢さえも諦めてしまう直貴。そして愛する女性との幸せまでもが脅かされた時、直貴はある決断を下す……。

手紙 スタッフ

監督:
企画:,
プロデューサー:,
ラインプロデューサー:
監督補:
助監督:
音楽プロデューサー:
主題歌:高橋瞳 「コ・モ・レ・ビ」
挿入曲:小田和正「言葉にできない」 / 若山かずさ「縁切寺」ほか全12曲
撮影:
照明:
録音:
美術:
記録:
製作担当:
アソシエイトプロデューサー:,
スタイリスト:
ヘア・メイクアップデザイン:
宣伝プロデューサー:
アシスタントプロデューサー:
音楽エグゼクティブ:
お笑い協力:
漫才監修:
特別協力:
制作プロダクション:
製作:2006 『手紙』 製作委員会(、日活、、毎日新聞社、スターダストピクチャーズ、レントラックジャパン、東急レクリエーション、ソニー・ミュージックエンタテインメント)

手紙 キャスト

武島直貴 –
兄と2人暮らし。のちに人生の転機を迎えるたびに兄の犯罪が付きまとう。愛する家族を守るために、兄に離別の手紙を書く。
武島剛志 –
直貴の兄。直貴を大学に行かせるための金欲しさから強盗殺人を犯してしまう。直貴を思う気持ちから刑務所から手紙を書き続けるが、ある出来事を境に、直貴から離別の手紙を送られる。
白石由実子 –
基本的に原作通り関西弁でしゃべる。
直貴に一方的にアプローチし、後に精神的支えとなる。彼女もまたある事情を抱えていた。
中条朝美 –
直貴の恋人。犯罪者のために、顔に一生消えない傷を負ってしまう。
中条 –
GSコーポレーション専務。朝美の父。
嘉島孝文 –
朝美の婚約者。
寺尾祐輔 –
直貴の同級生であり友人で、お笑いコンビ「テラタケ」を結成する。誤解から直貴を殴ってしまうが、後に直貴の真意を知って和解する。
緒方 –
被害者。緒方忠夫の母。
緒方忠夫 –
剛志の犯罪被害者の息子。
平野 –
直貴の勤務先であるケーズデンキの会長。
ケーズデンキ店長 –
直貴に倉庫への異動を言い渡す。
倉田 –
直貴の仕事場の先輩。過去に千葉刑務所に服役。
バーのマスター –
直貴のバイト先
神山裕子:
お笑いコンビ「テラタケ」の所属事務所社長。
刑務所の慰問歌手 –
アパートの管理人 –
食堂のおばちゃん –
食堂のおばちゃん –
食堂のおばちゃん –
レポーター –

手紙 予告編・無料動画