戦闘少女 血の鉄仮面伝説 26点

戦闘少女 血の鉄仮面伝説

2010年公開の日本映画。日本での劇場公開時のキャッチフレーズは「全世界へ、宣戦布告。」「死んでなんか いられない」。劇場公開前の告知などでは、「監督:井口昇×西村喜廣×坂口拓」との表記に対して、「トリプル主演:杉本有美×森田涼花×高山侑子」「美しき新人類(ミュータント)、覚醒。」と謳っている。約90分の本編を3章に分けたうえで、3人の監督が各章を撮影するという異例の構成。井口昇を総監督(ドラマパート担当)に、西村喜廣が特殊効果パート、坂口拓がアクションパートの監督を務めた。坂口は、映画の本編でも、俳優として物語のキーパーソンを演じている。

戦闘少女 血の鉄仮面伝説 映画批評・備忘録



戦闘少女 血の鉄仮面伝説

脚本:5点
演技・演出:5点
撮影・美術:5点
編集:6点
音響・音楽:5点
合計26点


美少女の無駄使いと言っていいほど、華のない演出とどこかで見たドラマや映画のパクリの数々。脚本は卑猥な演出のためにあるようなものなので、特別なものというか、いつもの井口&西村パターンでした。意図的なものだとは思うんですが雑なCG雑な血しぶきは失笑ものです。それでも演じる役者さんは真剣そのもです。そういうところは好きです。でも、もっと違うところにエネルギーを注いでほしい。
ポスタービジュアルを担当している氏はいつも最高の仕事をされています。ポスターだけは一流といわれるのはこの方の仕事がいつも見事だからです。
今作品は Huluで見ました。



amazonプライム・ビデオ

戦闘少女 血の鉄仮面伝説 あらすじ


主人公の渚凜(なぎさ りん)は、気の優しい女子高生。しかし、クラスメイトからのいじめ、不気味な保健医、原因不明の右腕の痛みに悩まされていたこともあって、両親の愛情だけに救いを求めていた。

凜の16歳の誕生日。父・洋二郎は、恐竜から分かれた知的生命体(ミュータント)「ヒルコ」の子孫であることを、凜に初めて打ち明ける。しかしその直後に、日本政府の特殊部隊が渚家を急襲。凜の目の前で母・小百合を惨殺したばかりか、洋二郎までも死に至らしめようとした。その瞬間、獣のような叫びとともに、凜の右腕にある異変が起きる。

瀕死の洋二郎に導かれるかのように街へ出た凜は、道行く人々に次々と襲われるが、右腕だけで彼らを斬り倒していく。ところが、謎の女子高生・玲と着流し姿の男・如月(きさらぎ)に出会うなり、顔に鉄仮面をはめられてしまう。さらに、そのまま連れて行かれた山奥の秘密施設で、「戦闘少女」になるための厳しい訓練を受けさせられる。

実は、超人的な能力を持つヒルコは、長きにわたって時の権力者から迫害を受け続けてきた。ヒルコの精神的な支柱に当たる如月は、日本政府の転覆と、ヒルコを迫害してきた人間への復讐を画策。ヒルコの子孫に当たる少女を日本各地から集めては、秘密の武装訓練を通じて「ミュータントガールズ(ヒルコ少女隊)」に仕立ててきた。

玲が指導する訓練に加わった凜は、ナース服姿の少女・佳恵からの激励などを受けて、心身とも急激に成長。その結果、「(ミュータントとしての)能力が覚醒したら外れる」という鉄仮面は、如月ですら驚くほどの早さで凜の顔から外れた。そして、凜・玲・佳恵は、「ヒルコ少女隊」の一員として特殊部隊と対決。ミュータントならではの能力と、アクロバティックなアクションを武器に、日本政府を敵に回し出す。

戦闘少女 血の鉄仮面伝説 スタッフ


原案・監督(第二章担当):
監督(第三章担当)・特殊造型監督:
監督(第一章担当)・アクション総指揮:
脚本:
VFXスーパーバイザー:
アクション監督:
音楽:
ポスタービジュアル:
アソシエイトプロデューサー:
プロデューサー:
制作・配給・宣伝:
宣伝協力:

戦闘少女 血の鉄仮面伝説 キャスト


渚 凛:
佳恵:
玲:
凜の父(渚 洋二郎):
凜の母(渚 小百合):
如月:
土留:
野長瀬:
防衛省長官・小清水:
田所 美奈:
ヒルコ少女隊
(スミレ)
(チャコ)






総理大臣・篠田:
保健医・佐々原:
レポーター:
猟師・直之:




戦闘少女 血の鉄仮面伝説 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ