悪の教典 70点

悪の教典

2012年公開の日本映画。「黒い家」「青の炎」などで知られる貴志祐介のベストセラー小説を実写化したサスペンス。生徒に慕われる高校教師でありながら、自身の目的のためなら殺人もいとわない狂気の男が繰り広げる凶行の数々を息詰まるタッチで描く。

悪の教典 映画批評・備忘録


悪の教典

脚本:30点
演技・演出:15点
撮影・美術:13点
編集:6点
音響・音楽:6点
合計70点


悪の教典 序章 というドラマを見てからだと、映画の唐突感を無くせるのである程度理解が深まる作品。逆に序章を見てないと、蓮実聖司(演:伊藤英明)の人物像と狂気に走る過程が分かりにくい。映画:処刑教室のような生徒の中に悪がいて、教師が悪行に切れて復讐のような感覚で殺戮を行うのではなく、この作品では教師が理不尽な殺戮を一方的に行う映画となっている。拷問シーンや殺戮シーンが多いため、胸糞悪いクソ映画だと感じたが、三池崇史監督の”らしさ”は発揮されているので、恐怖感もあり心拍数が上がる映画となっている。


amazonプライム・ビデオ

悪の教典 あらすじ

ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める高校教師・蓮実聖司(演:伊藤英明)。生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師だったが、その正体は他人への共感や良心を持っていない反社会性人格障害者であった。学校と自身に降り掛かったトラブルや障害を取り除くために、平然と殺人を犯しては校内での地位を強固なものにしていく蓮実。しかし、ささいなミスから自身の凶行が知られそうになってしまう。それを隠そうと悩んだ彼が導き出した答えは、クラスの生徒全員を殺すことだった。

悪の教典 スタッフ

監督・脚本:三池崇史
原作:貴志祐介(文藝春秋刊)
音楽:遠藤浩二
製作:市川南
エグゼクティブ・プロデューサー:山内章弘
企画・プロデュース:臼井央
プロデューサー:東幸司、坂美佐子、森徹
ラインプロデューサー:今井朝幸
プロダクション統括:金澤清美
撮影:北信康
美術:林田裕至、佐久嶋依里
録音:中村淳
照明:渡部嘉、佐藤宗史
装飾:坂本朗
編集:山下健治
助監督:原田健太郎
製作担当:竹岡実
スタイリスト:前田勇弥
音響効果:柴崎憲治
CGIディレクター:太田垣香織
特殊造形:松井祐一
スタントコーディネーター:辻井啓伺
キャスティング:おおずさわこ
製作プロダクション:東宝映画、OLM
企画協力:文藝春秋
配給:東宝
製作:「悪の教典」製作委員会(東宝、電通、文藝春秋、OLM、A-team、日本出版販売)

悪の教典 キャスト

伊藤英明
二階堂ふみ
染谷将太
林遣都
浅香航大
水野絵梨奈
山崎紘菜
山田孝之
平岳大
吹越満
滝藤賢一
KENTA
西井幸人
藤原薫
綾乃美花
工藤阿須加
松岡茉優
小島藤子
宇治清高
磯村洋祐
鈴木龍之介
塚田帆
岸井ゆきの
宮里駿
横山涼
堀越光貴
林さくら
藤井武美
菅野莉央
山谷花純
武田一馬
竹内寿
米本来輝
岸田タツヤ

悪の教典 予告編


amazonプライム・ビデオ