将軍家光の乱心 激突 71点

将軍家光の乱心 激突

1989年公開の日本映画。東映が久々に放った大型集団時代劇。「ザ・痛快・時代劇」「命がけだからおもしれぇ」をテーマにし、アクション・サスペンスを盛り込み、異なる戦闘・戦術のプロフェッショナルである7人の浪人が、徳川幕府から放たれた剣豪・大軍と壮絶な死闘を展開する作品。映画の最も面白い要素の一つ、ある者を巡って繰り広げられる攻防に、浪人たちの奇抜な戦闘・戦術が描かれている。

将軍家光の乱心 激突 映画批評・備忘録


将軍家光の乱心 激突

脚本:26点
演技・演出:17点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計71点


クライマックスの緒形拳と千葉真一の一騎打ちの殺陣が見どころでもあり、若手俳優の獅子奮迅のアクションも随所にあり、素晴らしいシーンが見られます。この作品のMVPは馬だと思うのですが、絶対死んでそうなシーンが怖いくらい多いです。調べてみるとこの馬たちはクオーターホースという種類の馬たちで、急停止・急発進に優れ、温厚なので制御しやすい特徴を持っています。激しいアクションをこなせる馬ということで、今作のような死んでもおかしくないシーンにも耐えられたようです。それでも、馬たちの危険度を考えて綿密なリハーサルを入念に重ねた上での撮影だったようです。
キャストでは、最初見たとき、織田裕二の存在に気づきませんでしたが、なかなか味のある演出で爆死しています。また、少林寺で有名なトシちゃんに似ている胡堅強も出演していて見事なアクションを披露しています。今は、アルゼンチンで武術学校をされているそうです。個人的には長門裕之が老体に鞭打って活躍しているのが見逃せませんでした。動かないイメージだったので。京本政樹の狂いぷりもいいです。


amazonプライム・ビデオ

将軍家光の乱心 激突 あらすじ

三代将軍・徳川家光の後継者である竹千代は、乳母の矢島局と共に渓谷の湯屋で保養していたが、老中阿部重次の命を受けた伊庭庄左衛門が指揮する根来忍者集団に襲撃される。そこに堀田正盛が雇った石河刑部とその配下である多賀谷六兵衛・砥部左平次・祖父江伊織・郡伝右衛門・土門源三郎・猪子甚五右衛門らが現れ、刺客たちを蹴散らした。竹千代と矢島局は刑部たちに無事救出され、堀田家に保護される。竹千代を討ち漏らした阿部は堀田家を訪れ、「5日後に竹千代の元服式を行うので、江戸城に来るように」という家光の命令を伝えたが、この会合で阿部はかつて家来の物頭(ものがしら)であった刑部と再会。阿部は自らの立身のために刑部の妻だった妹を家光の側室・お万の方として差し出していた。竹千代を警護する用心棒の刑部とその暗殺を企む阿部。両者の因縁は断ち切れないものになった。

翌朝、正盛は罠と知りつつ竹千代を伴い江戸に向かうが、その晩に伊庭軍団に襲撃され 殺害される。しかし、正盛の一行は伊庭を欺くための囮であり、竹千代は石河たちと共に山中を江戸に向かっていた。伊庭は山中を捜索するが、矢島が竹千代を温めようと火を起こしたため煙で居場所が発覚し、竹千代・矢島・正盛の嫡男で警護していた堀田正俊が捕まり鉱山に監禁されてしまう。刑部ら7人は鉱山に侵入して竹千代ら3人を救出し、伊庭のアジトである鉱山を爆破。伊庭は古河藩にも協力させ、その藩兵を動員した山狩りを行う。

激流の河に飛び込み渡り、滝を登り、渓谷に縄を掛けて伊庭軍団の追撃から幾度となく逃れるが、源三郎が「貰った金の分は十分の仕事をしたから、手を引くべき」と刑部へ訴えるほど、この山狩りで絶体絶命となる。山中にいたある晩、煌々と照らす敵の軍勢を見た竹千代は「余の命を狙うのは父上」と悟る。矢島は命を狙われる理由が、精神に異常をきたしていた家光が「竹千代は自分に似ていないから」という理由で阿部に暗殺を命じたことを刑部らにその事情を語る。矢島は竹千代が世継ぎにならなくてもいいと考え、竹千代と共に将軍家を去ろうとするが、竹千代は父・家光と対決することを決意した。刑部らは理不尽な理由で竹千代を殺そうとする家光への怒りと、それに立ち向かう竹千代に意気を感じ、竹千代の警護を最後まで請け負うことを誓い、江戸城へ向かう。

馬を奪った刑部たちは一気に江戸へ向かおうとするが、伊庭軍団の追撃により仲間は次々に討たれていく。生き残った竹千代・矢島・正俊と刑部・六兵衛・伝右衛門の6人は寂れた宿場町に追い詰められた。竹千代を引き渡すように求める伊庭に対し、刑部は一騎打ちを申し込む。斬り合いの末に刑部は伊庭に勝つが、軍団は躊躇なく突入してきた。伝右衛門は隠れていた油屋にあった油樽に点火。火は次々燃えうつり、宿場町を火の海となった。混乱に乗じて江戸城へ向かおうとするが、銃撃された刑部は落馬。竹千代は刑部を助けようと頭に巻いていたえんじ色の紐を竹千代へ投げた刑部は「走れ!ただひたすら走れ!!」と叱咤し、竹千代・矢島・正俊に江戸城へ帰還するよう促す。周囲には圧倒的な人数で武装した軍団がいるなか、刑部は両手に刀を持ち単身、飛び込んでいった。

竹千代は江戸城へ到着するが、それを聞いた家光は激怒し、阿部に暗殺するように命じる。しかし阿部は「城内での暗殺は大名たちに隠し切れない」と拒否し、家光はお万の方に暗殺を命じる。お万は竹千代を毒殺しようとするが、矢島が遮る。お万は矢島の持つ仕込み小刀を見て、それが夫だった刑部の物と気付き、毒殺を止めて竹千代を家光に引き合わせる。乱心した家光は竹千代を斬り捨てようとするが、竹千代を守ろうと身を乗り出した矢島が斬られ、彼女は仕込み小刀で家光を刺し殺す。裏切りをなじる家光に対し、お万は「愛する者を奪った」と積年の恨みをぶつけ、家光の死体を前にして狂喜する。事態を知った阿部は「上様は急の病で亡くなられた」と公表し、竹千代が次期将軍に選ばれる。家光の葬儀が執り行われる中、竹千代は家光の位牌に抹香を投げつけ、阿部は全ての責任を負って切腹する。

葬儀後、竹千代は石河から受け取ったえんじ色の紐を手にしながら、助け支えてくれた7人たちに思いを馳せていた。

将軍家光の乱心 激突 スタッフ

監督:
脚本:,
原作:,
製作:,,
アクション監督:
音楽:
主題歌:「FAITH OF LOVE」
撮影:
編集:
製作会社:
配給:

将軍家光の乱心 激突 キャスト

























将軍家光の乱心 激突 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ