大地震 81点

映画 大地震

1974年公開のアメリカ合衆国の映画。ロサンゼルスを襲った大地震の猛威を大規模な特撮を駆使して描いたパニック大作。チャールトン・へストン、エヴァ・ガードナーらオールスターキャストが共演を果たした。1970年代のパニック映画ブームを代表する作品の一つである。

大地震 映画批評・備忘録


大地震(原題:Earthquake)

脚本:30点
演技・演出:16点
撮影・美術:17点
編集:8点
音響・音楽:10点
合計81点


劇場公開時は、センサラウンドという重低音で振動を体感できる音響方式が採用されていて、当時を知る人はかなり迫力があったと語られている。映像については、CGが無い時代にこれだけの映像を撮るために巨大なセットを作ったことは凄いし、この映画も「ボルケーノ」などでも語られている防災対策・危機管理で参考になるほどリアルなストーリーやシチュエーチョンが見れる。


大地震 あらすじ

舞台はロサンゼルス。建築会社副社長で建築技師のスチュアート・グラフ(チャールトン・ヘストン)の妻は、社長サム・ロイス(ローン・グリーン)の娘レミー(エヴァ・ガードナー)だったが、二人の関係は冷え切っていた。スチュアートは、事故死した同僚の未亡人で一人息子のいるデニス・マーシャル(ジュヌビエーブ・ブジョルド)を何かと気にかけており、レミーは嫉妬にかられていた。そんな折、ロサンゼルス一帯を大地震が襲い、高層ビルやハイウェイが倒壊した。市民は救急診療所の設置された地下駐車場に避難したが、サムは死亡。そこへ余震が襲い、レミーもデニスも生き埋めとなる。スチュアートは、警官のルー・スレード(ジョージ・ケネディ)と共に救出活動を行うが、ハリウッド・ダムが決壊して濁流が迫る。

大地震 スタッフ

製作・監督:マーク・ロブソン
製作総指揮:ジェニングス・ラング
脚本:マリオ・プーゾジョージ・フォックス
撮影:フィリップ・ラスロップ
音楽:ジョン・ウィリアムズ
編集:ドロシー・スペンサー
配給:ユニバーサル映画

大地震 キャスト

チャールトン・ヘストン
エヴァ・ガードナー
ジョージ・ケネディ
ローン・グリーン
ジュヌビエーブ・ブジョルド
リチャード・ラウンドトゥリー
マージョ・ゴートナー
ヴィクトリア・プリンシパル
ウォルター・マッチャンスカヤスキー

大地震 予告編・無料動画