人造人間ハカイダー 55点

人造人間ハカイダー

1995年公開の日本映画。東映スーパーヒーローフェアの作品の一つ。タイトルにあるとおり、原典の『人造人間キカイダー』に登場する敵役のロボット、ハカイダーを主人公とした作品である。しかし原典とは設定が大きく異なり、名前とイメージだけを使用したスピンオフ作品。原典のイメージを元に、正義の味方というよりはアンチヒーロー、あるいはダークヒーローといった立場で、歪んだ「正義」や「秩序」を破壊する者として描かれている。公開翌年の1996年に劇場未公開シーンと新規追加撮影シーンを加えた、ディレクターズカット版が公開された。

人造人間ハカイダー 映画批評・備忘録



人造人間ハカイダー

脚本:15点
演技・演出:12点
撮影・美術:16点
編集:6点
音響・音楽:6点
合計55点


東映スーパーヒーローフェアの作品の一つですが、どう見ても子供向けではなく、大人向けの殺戮ダークヒーローです。デビュー当時の宝生舞がとても可愛らしく、美しいです。今作品は特撮!特撮!特撮!とことん雨宮監督らしい遊びが見れます。脚本は戦隊と仮面ライダーシリーズでお馴染の井上敏樹なんですが、背景をほぼ登場人物に語らせるという悪手をしています。予算の都合なんでしょうが。後の仮面ライダーアギト、555、響鬼などに見られるアンチヒーローなところがこの作品からも伺えます。
今作品は Huluで見ました。



amazonプライム・ビデオ

人造人間ハカイダー あらすじ


争いのない奇跡の街ジーザスタウンに、黒い破壊者ハカイダーが現れた。ゲートを破壊して侵入したハカイダーは、迎撃に現れた重武装兵を次々と倒していく。その姿を見た反政府ゲリラのカオルは、ハカイダーを救世主と考える。

重武装兵との戦いで傷ついたハカイダーはカオルに助けられ、ジーザスタウンが元老院の総督グルジェフに支配されていることを知る。しかし、カオル以外のゲリラはハカイダーに興味を示さず、自分達の欲望のために戦っていた。そのような彼らに対しハカイダーは「お前たちも醜い」と言葉を投げかける。そこへ重武装兵を連れたミカエルが現れ、ハカイダーとゲリラたちを一掃する。

瀕死の重傷を負ったカオルはハカイダーと再会し、オアシスへ誘った直後に息絶える。怒りに燃えるハカイダーは、グルジェフの歪んだ心に支配された偽りの平和を破壊するべく、元老院へと向かう。

人造人間ハカイダー スタッフ


製作:
原作:
プロデューサー:)、
脚本:
監督:
撮影:
照明:
美術:
編集:
整音:
音楽:
ハカイダーテーマ作曲:
助監督:
スクリプター:
特殊技術:
キャラクターデザイン:
キャラクター造型:
造型コーデイネート:
アクション監督:
岸本祐二衣裳造型:
コンピュータグラフィックス:
制作協力:
製作:

人造人間ハカイダー キャスト


リョウ:
カオル:
キャップ:
アミ(女ゲリラ):
キヨ:
アンディ:(演)
エディ:
ラウフ:
犯罪者:
検問所係員:
重武装兵隊長:
盗掘者:






少年:
頭脳処理室の男:
グルジェフ:

声の出演
ハカイダー:
ミカエル:
アンディ:

スーツアクター
ハカイダー:
ミカエル:

人造人間ハカイダー 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ