ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 92点

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

2016年公開のアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズの実写映画本編を補完する、実写映画スピンオフ(外伝)作品シリーズ「アンソロジー・シリーズ」の第1作品目。それ故に実写映画本編とは異なり、オープニング・クロールが存在しない。スターウォーズ映画シリーズで初めて主人公が死亡するシーンが存在する。

ローグワン 映画批評・備忘録


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(原題:Rogue One: A Star Wars Story)

脚本:35点
演技・演出:18点
撮影・美術:20点
編集:10点
音響・音楽:9点
合計92点


ジョージ・ルーカスには悪いが、ギャレス・エドワーズ監督の方が、セリフや戦闘シーンの見せ方はスターウォーズシリーズの中では突出した出来映えだった。今までのスターウォーズでは、ストーリーに感動するということは無かったが、今作は感動する映画だった。ストーリー中盤から後半にかけての演出はスリリングで圧倒的な映像美もあり、エピソード4へのバトンを見事に渡し切ってている。
CGで甦ったターキン総督には驚かされました。

※監督のギャレス・エドワーズ曰くタイトルの『ローグ・ワン』には3つの異なる意味が込められている。1つ目は劇中で戦闘中に個人または集団を指す軍隊での「コールサイン」としての意味で、2つ目は実写映画本編9部作から逸脱する「アンソロジー・シリーズ」の第1作品目である本作自体が「Rogue」(「はぐれ者」や「反逆者」)だという意味で、3つ目は主人公のジン・アーソを始めとした「ローグ・ワン」を構成する戦士たちも「Rogue」(「はぐれ者」や「反逆者」)と呼べる者達であるという意味である。


ローグワン あらすじ

物語の時系列は『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前に当たり、『エピソード4/新たなる希望』の冒頭でも触れられた銀河帝国軍の宇宙要塞である初代デス・スターの設計図の強奪任務を遂行した反乱同盟軍兵士達の活躍が『エピソード4/新たなる希望』の開始10分前まで描かれている。
遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。
銀河全体を掌握しつつあった銀河帝国軍は究極兵器の初代デス・スターを完成させる。しかし、デス・スター開発の主要人物であるゲイレン・アーソは、妻のライラ・アーソを殺害し自分を帝国に連れ戻したオーソン・クレニックへの復讐のため、デス・スターの重要情報を帝国軍のパイロットのボーディー・ルックに託して脱走させる。ボーディーは惑星ジェダで反帝国勢力「パルチザン」を率いるゲイレンの旧知の仲の戦士であるソウ・ゲレラに面会するが、長年の戦いで疑心暗鬼に陥っていたソウには信用されず、拘束されてしまう。
この情報を掴んだ反乱同盟軍は、ゲイレンの娘であるジン・アーソを利用してソウと接触を図ろうとする。彼女は、幼少の頃に父と別れソウに引き取られていたが、数年前に彼と袂を別った後に無法者となり帝国軍に逮捕されていた。惑星ウォバニで帝国の強制労働収容所へ向かうターボ・タンクで連行されていた彼女は、元帝国軍ドロイドのK-2SOや反乱軍兵士のメルシらに救出され、ヤヴィン第4衛星の反乱軍基地でモン・モスマ議員から顛末を説明され反乱軍と過激なソウの仲介役を務めるよう要請され、この役目を引き受ける。
反乱軍のスパイであるキャシアン・アンドーと組んだジンは、ソウを探すためジェダの聖なる都であるジェダ・シティへ行き、そこでウィルズの守護者のチアルート・イムウェと元ウィルズの守護者のベイズ・マルバスに出会う。4人は帝国軍とパルチザンの戦闘に巻き込まれ、その最中にキャシアンがパルチザンのメンバーを射殺したためパルチザンに拘束され、ソウのアジトへ連行される。アジトでソウと再会したジンは、ボーディーが持ってきたゲイレンのメッセージを見る。ゲイレンはデス・スター開発に協力するフリをして構造に致命的な弱点を仕込み、その弱点を記した設計図のデータは帝国軍の建築物データが収集されている惑星スカリフにあることを伝える。その一方、帝国軍はデス・スター・プロジェクトの保安責任者となっていたクレニックの指揮の下、ジェダをスーパーレーザー砲の試射の標的にしていた。通常より低威力の砲撃であったにもかかわらず、聖なる都一帯は完全に破壊される。ジン達4人と解放されたボーディーは、K-2の操縦するUウィングで辛くも脱出するが、両足が義足故走れないソウはジンに銀河の未来を託し、崩壊するアジトと運命を共にする。
ボーディーからの情報でゲイレンが惑星イードゥーの研究施設にいることを突き止めた一同は、彼を保護するべく現地に向かうが、キャシアンは秘密裏に彼の暗殺を命じられていた。同じ頃、クレニックもデス・スターの指揮官であるターキン総督から機密漏洩の主を捜索するためイードゥーの研究所を訪れていた。クレニックは研究員らを呼びつけ、デス・スターの機密を漏らした者が名乗り出なければ全員射殺すると脅迫したためゲイレンが名乗り出るも、クレニックは躊躇せずゲイレン以外の研究員を皆殺しにしてしまう。その一部始終を見ていたキャシアンはクレニックとゲイレンが接触する隙を狙って狙撃を試みるが、引き金を引くことを躊躇う。折悪く、キャシアンから送られていた情報を元に反乱軍が派遣した戦闘機部隊が帝国軍への攻撃を開始する。Xウイングの爆撃に巻き込まれたゲイレンは致命傷を負い、駆け付けたジンの腕の中で息絶える。
帝国軍の輸送船を奪取してヤヴィン第4衛星に仲間達と帰還したジンは、デス・スターの脅威を報告しスカリフ攻撃を反乱軍の評議会に進言するが、降伏を主張する者や、ジンやボーディーの出自から情報の真偽を疑う者が異議を唱えたため、モスマは申請を却下せざるを得なくなる。家族を苦しめた帝国に一矢報いたいジンに対し、ゲイレンに恩のあるボーディー、故郷ジェダを焼かれたチアルートとベイズ、そしてキャシアンとK-2を初めとする特殊部隊の面々が協力を申し出る。無断で帝国軍の輸送船に乗り込み、出撃しようとする彼らに対して管制塔はコールサインを問いかけ、ボーディーはとっさにならず者達で構成された自身達を指してローグ・ワンと名乗る。一方で、クレニックはイードゥーを脱出した後、惑星ムスタファーにあるダース・ベイダーの城塞に呼びつけられていた。保身を図るクレニックに対し、ベイダーはフォース・グリップによる恫喝を加え、任務の完遂を命じる。
スカリフに着陸したローグ・ワンの戦士達は、シタデル・タワー内のデータバンクへの侵入を試みるジン、キャシアン、K-2のチームと、侵入を支援する陽動チームに分かれて行動を開始する。スカリフでの戦闘行為を把握したヤヴィン第4衛星では、ラダス提督率いる艦隊が評議会での議決を経ずに独断で出撃し、基地に残っていた部隊もスカリフへの出撃を余儀なくされる。ベイル・オーガナは古い友人(オビ=ワン・ケノービ)に助けを求めるべく特使を送り出し、自身は惑星オルデランへと出発する。K-2は、惑星全体を覆うエネルギー・シールドを破壊しなければデータサイズの大きい設計図を艦隊に送信することは不可能と知り、キャシアンはボーディーに帝国軍の通信システムを乗っ取って反乱軍艦隊にこの事実を報告するよう命じる。ベイダーとの面会後、更なるゲイレンに関する記録の調査のためにスカリフを訪れていたクレニックは、自身の直属のデス・トルーパー部隊をも戦線に投入し、自らは僅か二名のデス・トルーパーを率いてタワー内への侵入者を追う。
数で劣るローグ・ワンと反乱軍艦隊は次第に追い詰められていく。ストームトルーパーと戦ったK-2は彼らに破壊され、キャシアンもクレニックに撃たれ、戦線を離脱。通信システムを巡る一連の戦闘で、通信ケーブルを繋いだボーディー、起動スイッチを押したチアルート、陽動チームを守って戦ったベイズらも相次いで死亡する。彼らの犠牲によってもたらされた情報を元に、反乱軍艦隊はシールドシステムへの強攻を開始し、遂に破壊に成功する。タワーの屋上の送信アンテナの近くにたどり着いたジンは設計図のデータを送信しようとするが、手勢を失いながらも単身追撃してきたクレニックに追い詰められる。しかし辛うじて追いついたキャシアンの銃撃でクレニックは倒れ、ジンとキャシアンはデータを送信した後タワーから退避する。
だがその頃、デス・スターがスカリフの軌道上に接近していた。ターキン総督は低出力のスーパーレーザー砲をタワー周辺に撃ち込むよう命令する。スーパーレーザー砲の直撃を浴びたタワーはクレニックを巻き込んで壊滅し、ジンとキャシアンもまた自分達がデス・スターの設計図という「希望」を残したことを確信しつつ爆風に飲み込まれる。設計図のデータを受信し離脱を図る反乱軍艦隊の前にはベイダー率いる帝国軍の増援艦隊が立ちはだかる。自ら反乱軍旗艦に乗り込み、ライトセーバーとフォースを縦横無尽に操る彼の魔の手を逃れた設計図のデータが入ったディスクは、反乱軍兵士達の手から手へと渡され、辛うじてタンティヴⅣに移される。
タンティヴⅣの船内で最後に設計図のデータが入ったディスクを手渡されたのは、ベイルの娘である反乱軍の特使レイア・オーガナ姫であった。多くの命を賭して手に入れたこのディスクこそが「“希望”です。」と語るレイアを乗せ、タンティヴⅣはハイパースペースへとジャンプした。

ローグワン スタッフ

監督:
脚本:,
原案:
原作:『スター・ウォーズ』
製作:
製作総指揮:,,,
音楽:
撮影:
編集:
製作会社:
配給:

ローグワン キャスト

ジン・アーソ –
キャシアン・アンドー –
K-2SO –
チアルート・イムウェ –
ベイズ・マルバス –
オーソン・クレニック –
ターキン総督 – (演技・声) / (CG・アーカイブ映像)
ソウ・ゲレラ –
ボーディー・ルック –
ゲイレン・アーソ –
ベイル・オーガナ –
ドレイヴン将軍 –
モン・モスマ –
メリック将軍 –
ラダス提督 – (演)&(声)
ドドンナ将軍 –
ヴァスパー議員 –
ジェベル議員 –
パムロ議員 –
ダース・ベイダー – (演)&(演)&(声)
レイア姫 – /(CG・ストック・フッテージ)
C-3PO –
ライラ・アーソ –
幼少期のジン –
より幼少期のジン –
メルシ軍曹 –
トンク伍長 –
セフラ中尉 –
トゥー・チューブス –
ティヴィック –
ハースト・ロモディ将軍 –
プテロ大佐 –
ヴァネー –
反乱軍技師 –
反乱軍技師 –
灰色の反乱軍(ジャヴ・メフラン) -
反乱軍MP –
アンティリーズ船長 –
ブルー3(ジャルディーン・ジェラムス) –
ブルー4(バリオン・レイナー) –
ブルー5(ファーンズ・マンスビー) –
レッド・リーダー(ガーヴェン・ドレイス) – (ストック・フッテージ)
ゴールド・リーダー(ジョン・“ダッチ”・ヴァンダー) – (ストック・フッテージ)
ゴールド9(ウォーナ・ゴバン) –
レッド12 –
ブルー8(ヘフ・トバー) –
ラムダ将軍 –
アデマ中尉 –
ゴーリン提督 –
カシード中尉 –
コルシン将軍 –
フロッブ少尉 –
バステーレン兵卒 –
パオ –
ロストック伍長 –
ビスタン –
シールド・ゲート士官 –
帝国護衛ドロイド –
オルデラニアン護衛兵 –
Dr.エヴァザン –
ウィーティーフ・シユビー –
L-1 –
ジェダ給仕 –
ジェダ給仕 –
ハンマーヘッドの船長(ケイドー・オクォーネ) –
ブロッケード・ランナー・パイロット –
技師 –
技師(エイムズ・ウラヴァン) –
技師(シロー・アルゴーン) –
技師 –
技師 –
反乱軍兵士 –
デス・スター砲手 –
R2-D2 –
ウェッジ・アンティリーズ – (声)
フイカ・シリュウ –

ローグワン 予告編