ロッキー・ザ・ファイナル 88点

ロッキー・ザ・ファイナル

2006年公開のアメリカ合衆国の映画。『ロッキー』シリーズの6作目であり、『ロッキー5/最後のドラマ』(1990年)以来、16年ぶりとなる続篇。4作目『ロッキー4/炎の友情』以来、再びシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演を務め、本作がシリーズ完結篇と銘打たれている。なお、その後スピンオフであり、ロッキーも登場する続編として『クリード チャンプを継ぐ男』が製作されている。

ロッキー・ザ・ファイナル 映画批評・備忘録


ロッキー・ザ・ファイナル(原題:Rocky Balboa)

脚本:37点
演技・演出:18点
撮影・美術:16点
編集:9点
音響・音楽:8点
合計88点


キャッチコピーは「NEVER GIVE UP 自分をあきらめない」その言葉のとおり、ロッキーは老体に鞭を打ち躍動する!
ロッキーの完結編に相応しい堂々たるファイトと舞台がありと胸を打たれる感動のドラマ。

※第1作から30年、前作からも既に16年が経っていたため、本作は当初イベント的な意味合いで製作されているものと受け止められていた。
しかし実際に公開されたところ、批評家からもその内容を絶賛され、「今年最大のサプライズ」との声も聞かれた。

※原題は『ROCKY BALBOA』とロッキーのフルネームがそのまま使われているが、日本では完結篇と言うこともあり、公開に当たってタイトルが『ROCKY THE FINAL』に変更された。
※シリーズを通してロッキーの妻エイドリアンを演じたタリア・シャイアは、本作の出演にも意欲的だった。しかし新撮の出演シーンがなく、スタローンに「死ぬ場面だけでも」「幽霊でもいいから出たい」と食い下がるも、頑として聞き入れられなかった。それに怒ったシャイアは半年間スタローンと口を利かなかったが、スタローンから本作のプレミアに招待され、完成した作品でエイドリアンの死が作品において重要な役割を担っていることを理解し、自分の出演を拒否したことに初めて納得したという。

※メイソン・ディクソン役のアントニオ・ターバーは、元世界ライトヘビー級王者の肩書を持つ現役のプロボクサーである。スタローンは、役者にボクシングを教えるよりボクサーに演技を教えたほうがリアルな映画を撮れるだろうと考え、ターバーをディクソン役に抜擢した。
※最後の試合シーンの前に、マイク・タイソンが本人役で登場している。
※スパイダー・リコはシリーズには30年ぶりの登場であり、演じているのも当時と同じく、元ボクサーのペドロ・ラヴェル本人である。


ロッキー・ザ・ファイナル あらすじ

ボクシング界から引退したロッキー(演:シルヴェスター・スタローン)は、かつての栄光の面影はなく、小さなイタリアンレストランを経営して生計を立てていた。他界した愛妻エイドリアンとの思い出にすがって生きているロッキーは、己の心の喪失感を埋めるかのように、再びプロボクサーのライセンスを取得するために立ち上がるのだが……。

ロッキー・ザ・ファイナル スタッフ

監督:シルヴェスター・スタローン
製作:チャールズ・ウィンクラー,ビリー・チャートフ,ケヴィン・キング,デヴィッド・ウィンクラー
共同製作:ガイ・リーデル
製作総指揮:ロバート・チャートフ,アーウィン・ウィンクラー
脚本:シルヴェスター・スタローン
撮影:クラーク・マシス
プロダクションデザイン:フランコ=ジャコモ・カルボーネ
衣装デザイン:グレッチェン・パッチ
編集:ショーン・アルバートソン
音楽:ビル・コンティ
挿入歌:フランク・シナトラ『High Hopes』、スリー・6・マフィア『It’s A Fight』

ロッキー・ザ・ファイナル キャスト

シルヴェスター・スタローン
マイロ・ヴィンティミリア
バート・ヤング
トニー・バートン
アントニオ・ターバー
ジェラルディン・ヒューズ
ペドロ・ラヴェル

ロッキー・ザ・ファイナル 予告編・無料動画

ロッキー・ザ・ファイナル 商品情報