ムーラン・ルージュ 91点

ムーランルージュ

2001年公開のアメリカ合衆国の映画。ラブ・ストーリーであり、ミュージカル映画。パリにあるキャバレー「ムーラン・ルージュ」を舞台に、踊り子と若き作家のラブストーリーが、ビートルズやエルトン・ジョン、マドンナなどの曲に乗せてつづられる。目まぐるしい映像と、有名な楽曲の使い方に関して好き嫌いが分かれるが、主演二人(ニコール・キッドマン、ユアン・マクレガー)の吹き替えなしの歌と、豪華なセット・衣装が話題になった。キャッチコピーは「ふたりの愛、ひとつの運命。」・「パリ、1899年この街で、最も愛された一人の女… 彼女の名はサティーン」。

ムーラン・ルージュ 映画批評・備忘録


ムーラン・ルージュ(原題:Moulin Rouge!)

脚本:36点
演技・演出:18点
撮影・美術:19点
編集:8点
音響・音楽:10点
合計91点


ミュージカル映画嫌いの僕が、この映画は好きだ!と思えた作品。幻想的な映像煌びやかな世界素敵な音楽の数々。歌を通して愛や情熱、憎しみ、悲しみが伝わってきます。ユアン・マクレガーニコール・キッドマンの心を通わせながらの愛の歌のデュエットは素晴らしく感動的なものでした。


ムーラン・ルージュ あらすじ

19世紀末、夜のパリを象徴する妖艶な魅惑に溢れたナイトクラブ・ムーランルージュ。サティーン(演;ニコール・キッドマン)は輝くダイヤモンドと謳われるムーランルージュのスターにして、パリで最も有名な高級娼婦だった。
彼女は若い貧乏作家のクリスチャン(演:ユアン・マクレガー)と、クラブの経営支援と引き換えに彼女を手に入れようとする公爵の間で愛の囚われ人となる。サティーンとクリスチャンは女優と作家という関係を装いながら、激しい恋に落ちるが、思わぬ悲劇が二人を待ち受けていた。。。。

ムーラン・ルージュ スタッフ

監督:バズ・ラーマン
脚本:クレイグ・ピアース,バズ・ラーマン
製作:フレッド・バロン,マーティン・ブラウン,バズ・ラーマン
音楽:クレイグ・アームストロング,マリウス・デ・ヴリーズ,スティーヴ・ヒッチコック
撮影:ドナルド・M・マカルパイン
編集:ジル・ビルコック
配給:20世紀フォックス

ムーラン・ルージュ キャスト

ニコール・キッドマン
ユアン・マクレガー
ジョン・レグイザモ
ジム・ブロードベント
リチャード・ロクスバーグ
ジャセック・コーマン
キャロライン・オコナー
デビッド・ウェナム
カイリー・ミノーグ
オジー・オズボーン

ムーラン・ルージュ 予告編・無料動画