ボックス! 73点

ボックス!

2010年公開の日本映画。主演の市原隼人と高良健吾はクランクイン2ヶ月前から都内ボクシングジムで、吹替えやスタント無しでのリアルファイトが出来るまでの厳しい指導を受けた。舞台が大阪で監督自身も大阪出身という事情もあり、監督自身のアイデアがロケーションに反映された。

全国237スクリーンで公開され、初日の2010年5月22日と23日の2日間で動員8万1,055人、興収1億893万7,000円になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位となった。また来場者の男女比ほぼ半数で、16-19歳が39.2%と最も多く、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第2位となった。

2010年5月31日をもって芸能界を引退した宝生舞の最後の作品となっている。

ボックス! 映画批評・備忘録


ボックス!

脚本:30点
演技・演出:15点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計73点


スポ根・王道路線であり、時折ギャグ演出を織り交ぜながら笑いあり涙ありのエンターテイメント作品に仕上がっている。

この映画の魅力は、役にピッタリ嵌った二人の主人公、市原隼人と高良健吾の魅力に尽きる。


ボックス! あらすじ

高校のアマチュアボクシング部所属の体育科の鏑矢(演:市原隼人)は、ボクサーとして天性の素質を持っていた。一方、彼とは幼なじみで進学科の秀才、木樽(演:高良健吾)は子どものころから腕力にはまったく自信がなかった。だが、木樽は自分も鏑矢のように強くなりたいと願い、ボクシング部に入部して日々コツコツと努力を積み重ねていき……。

ボックス! スタッフ

監督 – 李闘士男
脚本 – 鈴木謙一
原作 – 百田尚樹
音楽 – 澤野弘之
主題歌 – RIZE with 隼人「LAUGH IT OUT」
アディショナルミュージック – 葉山たけし
ボクシング指導 – 田端信之
撮影 – 佐光朗(JSC)
照明 – 三善章誉
美術 – 花谷秀文、禪洲幸久
録音 – 横溝正俊
編集 – 宮島竜治
VFXスーパーバイザー – 小坂一順
VFX – オムニバス・ジャパン
衣装 – 高橋さやか
ヘアメイク – 竹下フミ
スクリプター – 生田透子
音楽プロデューサー – 安井輝
助監督 – 吉村達矢
制作担当 – 宿崎恵造
音響効果 – 大河原将
サウンドエディター – 浅梨なおこ
技斗 – 二家本辰巳
スタジオ – 日活撮影所
現像 – IMAGICA
ロケ協力 – 大阪府、大阪ロケーションサービス協議会、常総市、つくばフィルムコミッション、つくば教育委員会、小田原市、大阪市空堀商店街、大阪市天王寺動物園、兵庫県立尼崎高等学校 ほか
協力 – ピューマ渡久地ボクシングジム、角海老宝石ボクシングジム、フラッシュ赤羽ボクシングジム、協栄ボクシングジム
エグゼクティブプロデューサー – 濱名一哉
製作者 – 渡辺香、島谷能成、島本雄二、辰巳隆一、久保田修、細野義朗、狩野直人、林尚樹、和崎信哉、苗手一彦、松田英紀、喜多埜裕明、岡聡
プロデューサー – 武田吉孝、久保田修
共同プロデューサー – 田中美幸
ラインプロデューサー – 原田文宏
製作 – TBS、東宝、電通、MBS、IMJエンタテインメント、S・D・P、アプレ、CBC、WOWOW、ハピネット、RKB、Yahoo! JAPAN、大田出版
制作プロダクション – IMJエンタテインメント
配給 – 東宝

ボックス! キャスト

鏑矢義平 – 市原隼人
木樽優紀 – 高良健吾
丸野智子 – 谷村美月
丸野祥子 – 清水美沙
鏑矢こと美 – 宝生舞
鏑矢昌美 – 山崎真実
高津耀子 – 香椎由宇
沢木一至 – 筧利夫
稲村和明 – 諏訪雅士
レフリー – 平良あきら

予告編・無料動画