ヘルドライバー 28点

ヘルドライバー

2011年公開の日本映画。愛する父と心臓を奪った母への復讐を誓ったヒロインが、ゾンビとの壮絶なバトルを繰り広げるスプラッター・アクション。海外向けの映画レーベル「SUSHI TYPHOON」の企画として製作。土葬文化ではない日本特有のゾンビ映画を作り出すことをめざし、死者がよみがえるのではなく宇宙からの飛来物を根源とし、生者が感染によって変容していくものとしている。

ヘルドライバー 映画批評・備忘録



ヘルドライバー

脚本:8点
演技・演出:5点
撮影・美術:6点
編集:4点
音響・音楽:5点
合計28点


悪趣味だね~。今作も。なんらかのエネルギーは感じるんですが、いつもね。
でも、やっぱり悪趣味なセンスと雑さ?荒っぽさ?で、見るのもしんどいです。
ポスターだけはいつも一流なんですけどね。ほんとに。
井口昇監督の作品は可愛げがあるんですけど、西村監督は、血しぶきドピャーシャーの力技で暴走してる感じかなぁ。B級映画というよりは自主映画の豪華版で、プロではなく趣味なんだと思っています。先に挙げた二人の監督を合わせてプロ仕様なのが園監督かと思います。

今作品は Huluで見ました。



amazonプライム・ビデオ

ヘルドライバー あらすじ


北海道・夕張で、キカは殺人犯罪者の母・リッカから逃れ、足の悪い父と暮らしていた。しかし、リッカと叔父・ヤスシに見つかってリンチにかけられ、父の作った隙を活かして外へ逃げ出す。追いかけてきたリッカとヤスシに捕まってしまったキカに、更なる暴力が加えられようとした瞬間、宇宙から飛来した謎の物体がリッカの体を貫く。なくした心臓の代わりにしようとリッカはキカの心臓を引き抜き自分の体に取り込んだが、飛来した物体から発生した謎の物質に体を覆われる。一方、キカはどこかへ飛ばされてしまう。

まもなく、リッカの体はドス黒い霧状の物を霧散する。この霧を吸い込んだ人々は額からへた状の角が生え、生者を襲う感染者(ゾンビ)と化していく。また、キカは謎の組織にエンジン始動の心臓を装着され、ゾンビ退治用改造人間の被験体とされてしまう。

ヘルドライバー スタッフ


製作プロダクション –
製作 –
エグゼクティブプロデューサー –
プロデューサー –
脚本 –
音楽 –
撮影 –
照明 –
美術 –
VFXアドバイザー –
特殊造型・特殊メイク – 、自由廊
アクション監督 –
助監督 –
録音 –
編集 –
ポスタービジュアルデザイン –
脚本協力 –
ラインプロデューサー –
協力プロデューサー –
協力 –
脚本 –
監督、キャラクターデザイン、編集、脚本 –

ヘルドライバー キャスト


キカ –
リッカ(キカの母) –
キカの父 –
タク –
カイト –
ヤスシ(リッカの弟) –
ナナシ –
ハイパーポリス 隊長 –
ハイパーポリス コズエ –
ハイパーポリス ナツキ –
井出組組長 安藤 –
組員イシノ –
くも女ゾンビ –
妊婦ゾンビ –
花魁ゾンビ –
マアヤ –
ニュース解説者 –
レポーター –
レースクイーン –
黒スーツの男 –
番頭ゾンビ –
トカゲ女ゾンビ –
ボクシング女ゾンビ –
パトカーの警官 –
感染者を守る会会長 –
宇宙人 –
面会の男 –
若夫婦 –
子供ゾンビ –
ゾンビ –
すし屋の客 –
手首を切られた男 –
アコーディオンゾンビ –
医者 –
鳩田総理 –
大沢法務大臣 –

ヘルドライバー 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ