フロム・ダスク・ティル・ドーン 83点

フロム・ダスク・ティル・ドーン

1996年製作のアメリカ合衆国の映画。特殊メイクデザイナーのロバート・カーツマンが作ったプロットを元に、クエンティン・タランティーノが脚本を書き、ロバート・ロドリゲスが監督した作品。

フロム・ダスク・ティル・ドーン 映画批評・備忘録


フロム・ダスク・ティル・ドーン(原題: From Dusk Till Dawn)

脚本:35点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計83点


ロドリゲス・ファミリー総出演!悪人達の逃亡劇に始まり、最後はヴァンパイアとの死闘という、マジか!っていう展開が面白い。個性的なキャラクターが次々に登場し、最後までドキドキハラハラ!
最初に見た時のセックス・マシーン(演:トム・サヴィーニ)の登場シーンの笑劇は忘れられない。。。

続編に未来編『フロム・ダスク・ティル・ドーン2』(原題:From Dusk Till Dawn 2: Texas Blood Money)と過去編『フロム・ダスク・ティル・ドーン3』(原題:From Dusk Till Dawn 3: The Hangman’s Daughter)がビデオ映画としてつくられた。※未来編以降からはロバート・ロドリゲスは監修に回った。


フロム・ダスク・ティル・ドーン あらすじ

全米各地で強盗殺人を繰り広げたゲッコー兄弟は、警察の追及を振り切るべく、メキシコ国境を目指して逃亡を続ける。
牧師を辞めて放浪の旅をしていたフラーとその一家は、たまたま立ち寄ったモーテルにてゲッコー兄弟の脅しで逃亡に加担する事になり、国境を突破するための隠れ蓑に利用される。メキシコ国境警備を通過した一行は、ゲッコー兄弟が現地組織の代理人と落ち合う予定のトップレスバークラブ「ティッティー・ツイスター」(営業は、日没から夜明けまで”フロム・ダスク・ティル・ドーン”)で一夜を過ごすことになるも場面は一転し、そこは吸血鬼の巣食う巣窟で、大立回りを演じる事になる。
双方に犠牲を出しつつ店に巣食っていた邪悪な死者らを蹴散らし、所定の時間に現れた代理人によって「ティッティー・ツイスター」は爆炎に包まれた。
生き残ったセスは落とし前として札束をケイトに渡し殺戮現場を後にする。

フロム・ダスク・ティル・ドーン スタッフ

監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:クエンティン・タランティーノ
原案:ロバート・カーツマン
製作:ジャンニ・ヌナリ,マイアー・テパー
製作総指揮:ローレンス・ベンダー,ロバート・ロドリゲス,クエンティン・タランティーノ
音楽:グレーム・レヴェル
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:ロバート・ロドリゲス
配給:ディメンション・フィルムズ,松竹富士

フロム・ダスク・ティル・ドーン キャスト

ジョージ・クルーニー
クエンティン・タランティーノ
ハーヴェイ・カイテル
ジュリエット・ルイス
アーネスト・リュー
サルマ・ハエック
チーチ・マリン
ダニー・トレホ
トム・サヴィーニ
フレッド・ウィリアムソン
マイケル・パークス
ブレンダ・ヒルハウス
ジョン・サクソン
マーク・ローレンス
ケリー・プレストン
ジョン・ホークス

フロム・ダスク・ティル・ドーン 予告編