1990年代 SF ホラー

ヒドゥン2 (マイナス)-5点

更新日:

映画批評・備忘録

前作ヒドゥンのラストシーンを冒頭に使っており、面白いのはそこだけという悲惨すぎる出来の続編。
前作は一体なんだったんという脚本の迷走が全て

ともかくつまらない。

採点の内訳

脚本:-25点
演技・演出:8点
撮影・美術:8点
編集:1点
音響・音楽:3点

合計-5点

タイトル

ヒドゥン2 (原題:The Hidden2)

あらすじ

人間の肉体を乗っ取る邪悪なエイリアンを抹殺したロイド・ギャラガー(演:カイル・マクラクラン)は、ベック刑事(演:マケイル・ヌーリー)の身体に乗り移り、地球に定住することを決意する。
ところが死んだはずのエイリアンが一部が蘇生。その魔の手にかかり、ベック(演:マイケル・ウェルドン)は命を落としてしまう。残された一人娘ジュリエット(演:ケイト・ホッジ)のもとに現れた謎の男は、
ベックにはエイリアンが乗り移っていたこと、そして、自分も同じ使命を帯びて地球にやってきた仲間であると告げる。。。
エイリアンの残党を倒し父の仇を討つため、ジュリエットの闘いが始まる!!

スタッフ

監督:セス・ピンスカー
製作:マイケル・メルツァー,ディヴィッド・ヘルパン
脚本:セス・ピンスカー
撮影:ブライアン・イングランド
音楽:ディヴィッド・マクヒュー
特殊効果:トッド・マスターズ
キャラクター原案:ボブ・ハント

キャスト

ケイト・ホッジ
ラファエル・スバージ
マイケル・ウェルドン

予告編

商品情報



-1990年代, SF, ホラー
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.