トリハダ 劇場版2 75点

トリハダ 劇場版2

2014年公開の日本映画。深夜ドラマ番組をきっかけに、ちょっとしたカルト人気に火が付き映画化された「トリハダ」の劇場版2作目。日常に潜む狂気や恐怖をテーマにしたリアルな設定のストーリーに背筋が凍る作品。

トリハダ 劇場版2 映画批評・備忘録


トリハダ -劇場版2-

脚本:30点
演技・演出:15点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計75点


前作からキャストが続演してる事もあり、マンネリ化を感じるものの、作品全体としては良くできていてるし、面白い映画だと思う。ただ残念なのは犯人の正体でこれはかなりツッコミどころが多く、もったいない事をしたなぁ~と思う。オムニバス形式になっているものの、ベースストーリーがあるため、一度見終えた後に、もう一度見たくなる。演出も上手いなぁと思えるシーンが多くあり良くできたホラードラマだった。


トリハダ 劇場版2 あらすじ

プロローグ
第一話「所有の不確かさが招く悪夢の結末」
雨の日、コンビニの傘立てから他人のものを持ってきてしまった女性。
罪悪感を覚え、次の日には自分のビニール傘と交換するのだが。

第二話「思いつきの遊戯と不条理な愛着」
ラブホテルに入ったカップルが、興味本位から無料のコスプレを頼むことに。
しかしフロントの男性からしつこく電話が掛かってくるようになる。

第三話「執着の真意と末路の現実」
深夜のコインランドリーにやってきた男性のスマートフォンに、公衆電話からの着信が入る。
電話に出ると“早く洗濯を終わらせて”という女性の声が。
そして、外の公衆電話には不気味な女性の姿があった。

第四話「憎悪の応酬と紙一重の勝利者」
女子高生が、屋上で友達の悪口を話していた。
すると悪口を言った相手が出てきて、彼氏の浮気も引き金となり衝動的に突き落としてしまう。
残された2人は、どちらが責任を取るかでもみ合いになる。

第五話「負け組の嫉妬と共通の思惑」
2人のキャバクラ譲は、送り迎えをするドライバーが中年男性に変わった。
不気味な中年男性に苛立ち、逃げるように自宅に帰った売れっ子キャバクラ譲だったが。

第六話「軽微な出来心に忍び寄る悪意」
行きつけの洋食屋で、忘れ物のスマートフォンを手にすることになった男性。
美人だという持ち主の女性のスマートフォンを開くと、“クロ男”という相手から異様な数の連絡が入っていた。
そして彼は翌朝、持ち主の女性と“クロ男”の正体を知ることになる。

トリハダ 劇場版2 スタッフ

監督:
エグゼクティブプロデューサー:,
製作: ,
プロデューサー:
脚本:,,,
撮影:
特殊メイク:
美術:
ヘアメイク:
照明:
録音:
助監督:
配給:

トリハダ 劇場版2 キャスト









トリハダ 劇場版2 予告編・無料動画

トリハダ 劇場版2 商品情報