トゥルー・ロマンス 86点

トゥルー・ロマンス

1993年公開のアメリカ合衆国の映画。公開時のキャッチコピー「獰猛な愛だけが生き残る」。爽快な展開のロード・ムービーだが、アクション・バイオレンスとラブ・ロマンスの要素と暴力・ドラッグ、そしていくらかのセックスで満たされたラブストーリー。

主人公がコミック・ショップに勤め、千葉真一主演の映画『激突! 殺人拳』を観ているシーンや、主人公の部屋に千葉の主演映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』と『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』のポスターがそれぞれ貼ってある様は、脚本を執筆したクエンティン・タランティーノ自身を投影させている。

トゥルー・ロマンス 映画批評・備忘録


トゥルー・ロマンス(原題:True Romance)

脚本:34点
演技・演出:17点
撮影・美術:18点
編集:9点
音響・音楽:8点
合計86点


タランティーノの脚本の映画ではこれが1番好きな作品。
タランティーノの脚本も素晴らしいが、監督のトニー・スコットの疾走感ある映像編集と見せ方の上手さが際立っている。タランティーノが監督したなら、観終わった後の爽快感は無かった事は予想できる。恐らく主人公の2人は、無残に銃撃の上ハチの巣にされて殺されていたのでは。。。

愛し合う男女の危険で暴力的な逃避行という設定は、1973年のテレンス・マリック監督作『地獄の逃避行』へのオマージュであり、テーマ音楽の「You’re So Cool 」は、『地獄の逃避行』のテーマ曲:カール・オルフの「Gassenhauer 」を意識したものとなっている。

脇役で著名な俳優が多く出演していることは、翌年公開されたタランティーノが演出した『パルプ・フィクション』にも共通している。
この作品のエンディングは、本来脚本では2人とも死ぬ設定だったが、監督のトニー・スコットがどうしてもハッピーエンドで終わりたいという希望から急遽脚本を変更した。このためタランティーノはヘソを曲げ、脚本の権利を返却させようとしたが、既に撮影に入っていたため多額の損が出る。そのため、主役のクリスチャン・スレーターがタランティーノに直談判し、「たのむよ、クエンティン。クラレンスを殺さないでくれ」と説得して渋々了承させた。


トゥルー・ロマンス あらすじ

ある夜、若い男が若い女に出会う。2人は深い恋に落ち、翌日には結婚する。しかし女は、コールガールだった。男は彼女のポン引きを殺し、彼女の荷物と間違えてヒモのコカインを盗んでしまう。しかもそのコカインは、イタリアン・マフィアのものだった。マフィアに追われて逃亡する2人。やがてそこにハリウッドのワル、警察も複雑に絡んできて…。

トゥルー・ロマンス スタッフ

監督:トニー・スコット
脚本:クエンティン・タランティーノ
製作:サミュエル・ハディダ,スティーヴ・ペリー,ビル・アンガー
音楽:ハンス・ジマー
撮影:ジェフリー・L・キンボール
製作会社:ワーナー・ブラザーズ

トゥルー・ロマンス キャスト

クリスチャン・スレーター
パトリシア・アークエット
デニス・ホッパー
ブラッド・ピット
クリストファー・ウォーケン
ゲイリー・オールドマン
マイケル・ラパポート
ソウル・ルビネック
トム・サイズモア
サミュエル・L・ジャクソン
ブロンソン・ピンチョット
クリス・ペン
ポール・ベイツ
ヴァル・キルマー
ジェームズ・ガンドルフィーニ
エド・ローター
千葉真一(劇中の映画)

トゥルー・ロマンス 予告編・無料動画