トゥルーナイト 64点

トゥルーナイト

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。アーサー王の配下の“円卓の騎士”の長ランスロットとアーサー王妃グィネヴィアとの恋を中心に描く。

トゥルーナイト 映画批評・備忘録


トゥルーナイト(原題:First Knight)

脚本:25点
演技・演出:15点
撮影・美術:12点
編集:5点
音響・音楽:7点
合計64点


アーサー王(ショーン・コネリー)の配下の“円卓の騎士”の長ランスロット(リチャード・ギア)とアーサー王妃グィネヴィア(ジュリア・オーモンド)との恋を中心に描かれていておとぎ話のようなロマンチック・アドベンチャーって感じの仕上がりになっている。ショーン・コネリーは渋くてカッコいいし、リチャード・ギアはザ・ランスロットって感じで美しく強い男、ジュリア・オーモンドはいかにも気の強いお姫様で、登場人物が絵になっている。ただただ物足りない、ひねりがない、昔から読み聞かされた内容をまた見ている感覚で、好きな人は好きなんだろうけど、個人的には物足りない映画だった。


トゥルーナイト あらすじ

5世紀のイギリス。自由と冒険を求めてさすらう若き騎士ランスロットは、レオネス公国の王(en:Leodegrance)の娘グィネヴィアが嫁ぐ途中で公国と敵対するマラガント王子(英語版)に襲われていた所を助けたことでアーサー王に高く評価され“円卓の騎士”に迎え入れられ、最も信頼の厚い“第一の騎士”(英語: First Knight)の称号も授かる。しかし、ランスロットはグィネヴィアと恋に落ちてしまい、騎士道と不義の恋の板挟みに苦しむことになる…。

トゥルーナイト スタッフ

監督:
脚本:
製作:,
製作総指揮:,,
音楽:
撮影:
編集:
配給:

トゥルーナイト キャスト










トゥルーナイト 予告編