2000年代 SF ホラー

デビルマン (マイナス)-55点

更新日:

デビルマン 映画批評・備忘録

脚本が破たんしているため、全ての要素が無茶苦茶になっている。それは最初から最後までそう感じる。
すべてのシーンが唐突に展開され、完結したかどうかわからない状態で次のシーンにつないでくる。もしかしたらキューブリック的演出などと勘違いしてしまったのかな?
不必要な演出・シーンが多々あるが、肝心のストーリーを構成するシーンが不足している。主要登場人物のセリフも「?」となる事が多くあり、また棒読みになるため不自然極まりない。

キャストの謎

不動明(演:伊崎央登)と飛鳥了(演:伊崎右典)になぜあの伊崎兄弟を配役したのか謎すぎるし、他のキャストについても謎すぎるのがこの映画の凄さ。那須監督は、ビーバップ・ハイスクールでは完璧な配役(でも素人です)をしたのに。。。まぁ、監督が選んだがどうかは知らないが。。。
シレーヌ役の富永愛も、シレーヌ役を承諾しながら乳すら露出しないとは言語道断。シレーヌ役を富永愛に配役したことも伊崎兄弟に不動と飛鳥役を配役したことも最初から致命的な欠陥でのスタートだった。シレーヌ役には若かりし頃の梶芽衣子や天海祐希が合いそうだが。。露出が無理で演技が棒なら長身のセクシー女優を抜擢すれば良かったのでは。ススム役の染谷将太の演技力はすでに評価できるところにあったのには感心したが、、原作のススムのシーンの恐怖を打ち消す展開にしたのはどうなんろうね。。食べられちゃった方が良かったんじゃないか。。。それでもこの映画で唯一、デビルマンぽいシーンはススムの両親がデーモンになっていた部分だけ。英語セリフだからかもしれないが、この映画の主要人物で演技が上手だったのはニュースキャスター(デーモン)役のボブ・サップかもしれない。活絶も良く、演技も悪くなかった。
この映画が製作された頃のボブ・サップはまぁ、ビーストって言われてただけあってデーモン役には合ってたのかもしれない。

デザインやCGは及第点

キャラクターデザインが「デビルマン黙示録」の漫画家 衣谷遊ということもあり、変身後のデビルマン(不動明)とサタン(飛鳥了)の出来栄えは、当時のCG技術を考えれば出来は悪くない。その点は評価できるので、撮影・美術を2点とした。半端変身状態のメイク等があまりにもひどい出来なため、マイナス評価でも良いのだろうが、この映画も悪くはない部分もあるということに触れておきたい。また、音響・音楽についても、褒めるところもないが、マイナス評価する必要もない出来だった。

原作どおりにやって欲しかった点

原作の狂気や猟奇性が表現できていない。デビルマンを実写化するとなると、おぞましく、吐きそうになるシーンが多数でてくるのが当然。
原作がエログロ要素満載なんだから、実写でも忠実にそれを表現して欲しかった。

デビルマン 採点の内訳

脚本:-40点
演技・演出:-20点
撮影・美術:2点
編集:0点
音響・音楽:3点

合計-55点

デビルマン タイトル

デビルマン(DEVILMAN)

デビルマン あらすじ

両親を亡くし牧村家に引き取られ高校生活を送っていた不動明は親友・飛鳥了の父の死をきっかけにデーモン(悪魔)の合体を受けるが明の強い意志により人間の心を残したまま半分人間半分悪魔のデビルマンとなる。やがて人や社会に潜む悪の心が人類滅亡計画に加担する。。。

デビルマン スタッフ

原作:永井豪
製作総指揮:泊懋
企画:遠藤茂行、森下孝三
プロデューサー:冨永理生子、松井俊之、北﨑広実
監督:那須博之
脚本:那須真知子
撮影:さのてつろう
特撮監督・VFXプロデューサー:佛田洋
デビルマンコンセプトデザイン:寺田克也
キャラクターデザイン:衣谷遊
CGプロデューサー:氷見武士
CGスーパーバイザー:野口光一
製作プロデューサー:生田篤
キャスティングプロデューサー:福岡康裕
特殊撮影・VFXコーディネーター:高橋政千
アクションコーディネーター:野口彰宏
衣装:森口誠治、鶴岡英門
音楽:安川午朗
主題歌:hiro『光の中で』
協力:ボーダフォン、プジョー・ジャポン
『デビルマン』製作委員会:東映、東映アニメーション、東映ビデオ、テレビ朝日、バンダイ、ラッドガー

デビルマン キャスト

不動明 / デビルマン:伊崎央登
飛鳥了 / サタン:伊崎右典
牧村美樹:酒井彩名
牧村啓介:宇崎竜童
牧村恵美:阿木燿子
飛鳥教授:本田博太郎
シレーヌ:冨永愛
川本巳依子(ミーコ):渋谷飛鳥
ススム:染谷将太
ニュースキャスター モリソン:ボブ・サップ
牛久雅夫:仁科克基
重森隆夫:大沢樹生
青山:金山一彦
上田:きたろう
佃:鳥肌実
沼田:今井雅之
長田:俊藤光利
ジンメン:船木誠勝
六平:田中鈴之助
洋二:川久保拓司
ミノル:中山貴将
沙織:仲程仁美
由香:石川佳奈
美穂:森本ゆうこ
ススムの父:小倉一郎
ススムの母:洞口依子
佃の同僚:モロ師岡、有福正志
中学校の先生:布川敏和
アジトのデーモン:KONISHIKI
隣家の中年女:小林幸子
神父:永井豪
銃を受け取る車椅子の男:的場浩司
地下鉄の乗客:嶋田久作

デビルマン 予告編

デビルマン 商品情報



-2000年代, SF, ホラー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.