デッドプール 82点

デッドプール

2016年2月公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー・コメディ映画。ウルヴァリン: X-MEN ZEROで、最強の敵役だったウェイド役のライアン・レイノルズが、今作もウェイド役を演じているが、ストーリーは別設定となっており、口を閉じられてはいないし、レーザー光線を発射したりはしない。

デッドプール 映画批評・備忘録



脚本:32点
演技・演出:16点
撮影・美術:17点
編集:9点
音響・音楽:8点
合計82点


セックスとブラック・コメディのパンチが利いていて、ストーリーもスピーディーでストレスを感じない。はっきりいってXメンより面白い。ライアン・レイノルズの自虐ギャグも面白いし、その他の登場人物のイジリが良くかなり笑える。予想以上に面白かった!ってのが正直な感想。

※マーベルの実写映画では原作者であるスタン・リーのカメオ出演が恒例となっているが、本作ではストリップバーのDJ役で出演している。


デッドプール あらすじ

ニューヨークでトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活しているウェイド・ウィルソンは、高級娼婦のヴァネッサと出会い交際し始める。愛し合い結婚の約束をしたウェイドだったが、突然意識を失い病院に運ばれた結果末期がんと診断される。
ウェイドは酒場に来たリクルーターの男の誘いに乗り、がんの治療と引き換えに極秘の人体実験の被験者となることを決める。それと同時に、ヴァネッサの前から姿を消す。ウェイドは施設でフランシスというミュータントの男から細胞を変異させる薬品を投与され、変異を誘発する為に拷問を受ける。ウェイドの細胞は変異し、不死身の肉体を手に入れるが、引き換えに全身が爛れた醜い姿に変異した。意図的に火事を起こして施設から脱出したウェイドだったが、ヴァネッサが醜い自分の姿を受け入れるとは思わず、再会を避けて盲目の老婆アルの家に居候する。フランシスの言った言葉を頼りに元の姿に戻るため、覆面をつけて酒場で行われていた死人が出るかどうかの賭け(Dead Pool)に由来したデッドプールと名乗り、フランシスと組織につながりのある人物を襲撃する。
リクルーターの男からフランシスの居場所を聞きだしたウェイドは高速道路でフランシスを襲撃する。フランシスを追い詰めるが、そこにテレビ放送で騒動を見て駆けつけたミュータントのヒーローチーム「X-MEN」のコロッサスとネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドが現れ、彼らと問答している間にフランシスに逃亡されてしまう。
デッドプールの正体を知ったフランシスは人質にヴァネッサを誘拐する。これを知ったウェイドは、コロッサスとネガソニックの協力を得て、フランシスがいる巨大航空母艦がある廃棄場に向かい、フランシスの傭兵を相手に戦いを始める。ウェイドはフランシスを追い詰め元の姿に戻すよう迫るが、フランシスは「元通りにする方法などない」言い放つ。コロッサスが説得するがウェイドはフランシスを射殺する。
戦いの後にウェイドとヴァネッサは対面し、ウェイドは素顔を見せるが、ヴァネッサはウェイドを受け入れて二人が結ばれて映画は幕を閉じる。

デッドプール スタッフ

監督:ティム・ミラー
脚本:レット・リース,ポール・ワーニック
原作:ファビアン・ニシーザ,ロブ・ライフェルド
製作:ローレン・シュラー・ドナー,サイモン・キンバーグ,ライアン・レイノルズ
製作総指揮:スタン・リー
製作会社:20世紀フォックス,マーベル・エンターテインメント,ザ・ドナーズ・カンパニー
配給:20世紀フォックス

デッドプール キャスト

ライアン・レイノルズ
モリーナ・バッカリン
エド・スクライン
T・J・ミラー
ジーナ・カラーノ
レスリー・アガムズ
ブリアナ・ヒルデブランド

デッドプール 予告編