デス・プルーフ in グラインドハウス 71点

デス・プルーフ in グラインドハウス

2007年公開のアメリカ合衆国の映画。グラインドハウスとは、エクスプロイテーション映画やB級映画などを2、3本立てで上映していたアメリカの映画館のこと。本作は、当時の上映作品の雰囲気を再現している。
アメリカでは、2007年4月6日に2本立ての『グラインドハウス』(デス・プルーフプラネット・テラーの2本立て)として2624館で公開され、週末興行成績で初登場4位になった。また、5月には『デス・プルーフ』のみ第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選ばれ上映された。

デス・プルーフ in グラインドハウス 映画批評・備忘録


デス・プルーフ in グラインドハウス(原題:Death Proof))

脚本:25点
演技・演出:15点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計71点


作品の半分はガールズ・トーク(そのうち半分は、お尻の話)。

ラスト30分は、カート・ラッセル演じる殺人狂スタントマンVS勇ましいビッチの壮絶カーアクションという、いかにもタランティーノらしい作品。CGなしのカーアクションは、ド迫力!ド肝を抜かれる壮絶で凄惨なシーン。

リアリティ溢れる凄惨な自動車事故を見たい人にお薦め!


デス・プルーフ in グラインドハウス あらすじ

スゴ腕スタントマンのマイク(演:カート・ラッセル)は、愛車“デス・プルーフ”に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。
ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目をつける。いきなり車をぶつけ、しつこく追い回すマイクにキレたゾーイ(演:ゾーイ・ベル)たちは、決死の猛反撃に挑む。

デス・プルーフ in グラインドハウス スタッフ

監督:
脚本:
製作:,,,
製作総指揮:,,
撮影:
編集:
製作会社:

デス・プルーフ in グラインドハウス キャスト













デス・プルーフ in グラインドハウス 予告編