デスペラード 81点

デスペラード

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。前作『エル・マリアッチ』の製作費の1000倍の製作費がかけられている。『エル・マリアッチ』の直接的な続編ではなく、続編兼リメイクのセルフリメイク作品。前作で主人公エル・マリアッチを演じたカルロス・ガラルドーは、今作では主人公の助っ人役で登場。

デスペラード 映画批評・備忘録


デスペラード(原題:Desperado)

脚本:33点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計81点


ロバート・ロドリゲス監督映画で、唯一といっていいほどバランスの取れた痛快アクション映画となっていて、万人にお薦めできる映画。冒頭の歌のシーンもテンポ良くノリノリで気持ちよく、冒頭で主人公の背景にあるものを簡潔に描いている。初見の時は、最強の友達が登場するシーンは、空いた口が塞がらないほどの衝撃だった。主人公以外のアッサリ加減はロドリゲス監督らしい演出。


amazonプライム・ビデオ

デスペラード あらすじ

昔ギャングに恋人を殺され、自らも掌を撃たれ演奏家としての道を閉ざされたマリアッチの男(演:アントニオ・バンデラス)。彼はギターケースに武器を詰めてギャングのボス、ブチョ(演:ジョアキム・デ・アルメイダ)を捜して復讐することを考えていた。友人ブシェミ(演:スティーヴ・ブシェミ)の協力を得て、ブチョに近づくために彼が経営する酒場に行くが正体がばれ、酒場にいた彼の手下達と壮絶な撃ち合いを繰り広げる。立ち向かって来た手下を皆殺しにして切り抜けたマリアッチだが、通りすがりの美しい女性カロリーナ(演:サルマ・ハエック)を追っ手からかばい撃たれて傷を負ってしまった。カロリーナは怪我をしたマリアッチを自分の店にかくまい手当てするが、ブチョにそのことを悟られ、カロリーナの店は、ブチョの手下達に襲撃されてしまう。襲撃を切り抜けたマリアッチは、かつての仲間カンパ(演:カルロス・ガラルドー)
とキーノ(演:アルバート・マイケル・ジュニア)を援軍として呼び、ブチョと対決する。

デスペラード スタッフ

監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:ロバート・ロドリゲス
製作:ロバート・ロドリゲス,ビル・ボーデン
音楽:ロス・ロボス
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:ロバート・ロドリゲス
配給:コロンビア映画

デスペラード キャスト

アントニオ・バンデラス
サルマ・ハエック
ジョアキム・デ・アルメイダ
チーチ・マリン
スティーヴ・ブシェミ
カルロス・ゴメス
ティト・ラリヴァ
エンジェル・アバイルズ
カルロス・ガラルドー
アルバート・マイケル・ジュニア
クエンティン・タランティーノ
アブラハム・J・バーダスコ
ダニー・トレホ
ピーター・マルクアルト
マイク・モロフ
エリザベス・ロドリゲス

デスペラード 予告編


amazonプライム・ビデオ