デスノート 61点

デスノート

2006年公開の日本映画。全体的なストーリーは原作の第一部と第二部の結末をベースに脚色したものとなっている。公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画され、目標興行収入はそれぞれ50億円、2作合計で100億円と発表された。L役の松山ケンイチの出世作と知られている。2008年2月9日にはスピンオフ作品『L change the WorLd』(エル チェンジ ザ ワールド)が公開された。2016年10月29日には、続編『デスノート Light up the NEW world』が公開された。

デスノート 映画批評・備忘録


デスノート

脚本:30点
演技・演出:10点
撮影・美術:5点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計61点


作品(原作)の持つパワーが圧倒的で、特撮や演技がチープな出来でも面白く感じてしまう魔力を持っている。基本的に血が流れない描写のため、特撮を使うことなく、素人演技の死に方を繰り返している。このあたりの映像は相当酷い出来で、当初スタッフを含め製作サイドは興行的に大成功を収めるシリーズに昇華するとは思っていなかったように思う。藤原竜也と松山ケンイチにスポットが行きがちだが、この作品を含めシリーズ最大の功績者はリュークの声を担当する中村獅童の表現力に尽きる。映像的には全く評価できない作品だが、脚本やセリフ回し、役作りに付いては評価できる。


amazonプライム・ビデオ

デスノート あらすじ

夜神 月(やがみ ライト)はある日、奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが落とした、ノートに名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」だった。犯罪者を裁く法律に限界を感じていた月は、世の中を変えるため、ノートの力で犯罪者を次々と葬り始める。やがて犯罪者を葬る者の存在に気付いた人々は殺し屋(=Killer)の意味から「キラ」と呼び始め、キラを神と崇め崇拝する者まで現れた。
一方、警察組織はキラの行為はあくまでも連続殺人であるとし、その調査・解決のためにある人物を送り込んだ。警察を裏から指揮し、数々の難事件を解決してきた世界的名探偵L(エル)である。
天才同士の戦い、求める世界の違いから起こったこの闘いに勝つのは死神の力を持つキラか、それとも警察を動かすLか。

デスノート スタッフ

原作 – 「DEATH NOTE」(集英社ジャンプコミックス刊)
監督 –
脚本 –
音楽 –
製作指揮 –
製作 –
エグゼクティブ・プロデューサー –
プロデューサー –
企画 –
撮影 –
照明 –
美術 –
装飾 –
録音 –
編集 –
助監督 –
監督補 –
キャスティング –
ラインプロデューサー –
CGプロデューサー –
CG –
オリジナル・サウンドトラック – 「SOUND of DEATH NOTE」(バップ)
配給・宣伝統括 –
制作プロダクション –
企画・製作 –
製作 – 「DEATH NOTE」FILM PARTNERS(日本テレビ放送網、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送、集英社、ホリプロ、讀賣テレビ放送、バップ、コナミデジタルエンタテインメント、松竹、日活)

デスノート キャスト

夜神月 –
L / 竜崎 –
南空ナオミ –
秋野詩織 –
レイ・イワマツ –
夜神幸子 –
夜神粧裕 –
宇生田 –
松田 –
模木 –
相沢 –
佐波 –
松原 –
佐伯警察庁長官 –
バス運転手・佐々木 –
恐田奇一郎 –
渋井丸拓男 –
日比沢有介 –
リューク(声) – (特別出演)
弥海砂 –
ワタリ –
夜神総一郎 –

デスノート 予告編


amazonプライム・ビデオ