ダークマン 78点

ダークマン

1990年製作のアメリカ合衆国の映画。サム・ライミ監督らしいコミック感覚あふれる映像が新鮮なアクション・スリラー。

ダークマン 映画批評・備忘録


ダークマン(原題:Darkman)

脚本:35点
演技・演出:14点
撮影・美術:13点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計78点


死霊のはらわたシリーズで、国内外で名前が知られ始めていたサム・ライミ監督が、この作品で多くのコア・ファンを掴んだようにも思える作品。

この映画が初主演だったリーアム・ニーソンの好演も作品の質に貢献しているし、圧倒的な悪役ボス感が漂うラリー・ドレイクも素晴らしい。後の作品であるスパイダーマンシリーズの音楽も含め下地になった作品のようにも見れるので、サム・ライミ監督の作品が比較的好きな人には面白さが伝わると思うのでお薦めです。

全体的予算の都合もありチープ感もあるし、ストーリーも暗い内容なので万人受けはしないでしょうが。。。。僕は好きです。


ダークマン あらすじ

人工皮膚の研究をしていた科学者ペイトンは、恋人である弁護士ジュリーの仕事を手伝っていたところ、殺し屋に襲われて全身に重度の火傷を負う。
病院に収容されて一命を取り留めたものの変わり果てた姿になったペイトンは、火傷による苦痛を遮断するための治療で視床下部の神経を切断されてしまう。
それによって痛覚がなくなり超人的な力を得たペイトンは、病院を脱走後自ら開発した人工皮膚(ただし、99分間しか持たない)を利用して誰にでも化けられる超人・ダークマンとなり、殺し屋たちへの復讐を開始する。

ダークマン スタッフ

監督:サム・ライミ
脚本:チャック・ファーラー,サム・ライミ,アイヴァン・ライミ,ダニエル・ゴールディン,ジョシュア・ゴールディン
原案:サム・ライミ
製作:ロバート・タパート
音楽:ダニー・エルフマン
撮影:ビル・ポープ
編集:デヴィッド・スティーヴン,バッド・S・スミス

ダークマン キャスト

リーアム・ニーソン
フランシス・マクドーマンド
コリン・フリールズ
ラリー・ドレイク
ネルソン・マシタ
ジェシー・ローレンス・ファーガソン
ラファエル・H・ロブレド
ダン・ヒックス
テッド・ライミ
ダン・ベル
ニコラス・ワース
ジョン・ランディス
ブルース・キャンベル

ダークマン 予告編