シャークネード 60点

シャークネード

2013年のアメリカ合衆国のテレビ映画。タイトルのサメ(シャーク)+トルネード(竜巻)の合成語の通り、サメを内包してやってきた竜巻と人間との死闘を描く。シリーズ化されており、『シャークネード カテゴリー2』、『シャークネード エクストリーム・ミッション』、『シャークネード4』、『シャークネード5 ワールド・タイフーン』と後続作品が公開されており、2018年8月(日本では11月)に公開された『シャークネード ラスト・チェーンソー』で完結となった。

シャークネード 映画批評・備忘録


シャークネード(原題:Sharknado)

脚本:30点
演技・演出:10点
撮影・美術:6点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計60点


Z級映画の最高峰!シャークネード。

ツッコミどころ満載でサービス精神旺盛、見てるものを飽きさせない展開とテレビ映画の安っぽさが逆に愛らしく感じてしまうほど、サメ一色に染まっている映画。台風に乗って人食いザメが飛んでくるというZ級のトンデモ発想を楽しめるか楽しめないかが今作のポイント。

とんでも脚本と演出を熱く演じる俳優さんあってこその面白さ。


シャークネード あらすじ

メキシコ湾で発生した3つの台風は海を渡り、海中にいたサメたちを吸い上げながら巻き込み、そのままサメごとロサンゼルスへと進んだ。その結果、ロサンゼルス市民は暴風と豪雨だけでなく、”台風によって飛来したサメたち”の襲撃に悩まされることとなった。

バーを経営しライフガードを務める心配性の男・フィンは、その未曾有の大惨事の中、家族を守るべく、空を舞うサメとの死闘に臨むのであった。

シャークネード スタッフ

監督:アンソニー・C・フェランテ
脚本:サンダー・レヴィン
製作:デヴィッド・マイケル・ラット
製作総指揮:デヴィッド・リマゥイー
撮影:ベン・デマリー
製作会社:アサイラム

シャークネード キャスト

アイアン・ジーリング
タラ・リード
ジョン・ハード
キャシー・スケルボ
ジェイソン・シモンズ
スミコ・ブラウン
チャック・ヒッティンガー
オーブリー・ピープルズ
クリストファー・ロブレス

シャークネード 予告編