ザ・グリード 80点

ザ・グリード

公開された1998年当時のキャッチコピーは「『タイタニック』を上回るスペクタクル、『ダイ・ハード』を凌駕する銃撃戦、『スピード2』を超える疾走感、『エイリアン4』を凌ぐタフで美貌のヒロイン、そして『GODZILLA』を超越した恐怖のモンスター!90分で3000人、喰って喰って喰いまくれ!」という名作映画をネタにしたもので、実際この映画は面白い作品だった。ただし、B級ホラー・モンスター・パニック・アクションのテイストで、ハラハラ・ドキドキ感は抜群なものの、ところどころにマニアックなB級エッセンスを配合してくれている作品です。キャストも個性的で主役脇役問わず印象派なので演出も多彩で面白い(グロい)シーンがたくさん見れます。


ザ・グリード (原題:Deep Rising)


脚本:35点
演技・演出:15点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計80点

あらすじ

3000人を乗せた豪華客船アルゴノーティカ号は南シナ海を航海中、船内のシステム制御室に侵入した“何者か”の手により突如航行不能に陥ってしまう。その直後、船は海中より現れた謎の巨大未確認生物に襲われ、大勢の乗客と乗組員は瞬く間に船内からその痕跡を消した。
同じ頃、密輸業者のジョン・フィネガンら一行の乗った密輸船サイパン号は、依頼主である武装した傭兵グループと、重火器などの積荷を乗せて現場付近の海域を航行していたが、不運にも暴風雨の海上を漂流していたモーターボートと衝突し、船体に大きな損傷を負ってしまう。突然のアクシデントに立ち往生したフィネガンたちは、やがて近隣の海上で偶然にもアルゴノーティカ号を発見するが、その直後にサイパン号は同乗していた傭兵たちに乗っ取られてしまう。彼らはアルゴノーティカ号のシージャックを目論んでいたのだ。やむなくフィネガンたちは傭兵たちに従い、共にアルゴノーティカ号へと乗り込む。
ところが、3000名の乗客がいるはずの船内には全く人影がなく、唯一の生存者は船長と船主、そして金庫に忍び込んだとして捕まった美女の3人のみ。そして、乗客消失の元凶である“何か”がフィネガンたちに襲い掛かる。

スタッフ

監督・脚本 – スティーヴン・ソマーズ
総製作指揮 – バリー・ベルナルディ
製作 – ローレンス・マーク,ジョン・バルデッチ
音楽 – ジェリー・ゴールドスミス
編集 – ジョン・ライト,ボブ・ダクセイ
撮影 – ハワード・アサートン
配給:ハリウッド・ピクチャーズ,東宝東和

キャスト

トリート・ウィリアムズ
ファムケ・ヤンセン
アンソニー・ヒールド
ケヴィン・J・オコナー
ウェス・ステュディ
デリック・オコナー
ジェイソン・フレミング
クリフトン・パウエル
クリフ・カーティス
トレヴァー・ゴダード
ジャイモン・フンスー
ウナ・デーモン
ワーレン・タケウチ
クリント・カーティス
リンデン・バンクス

予告編

商品情報