グラディエーター 100点(満点)

グラディエーター

映画批評・備忘録

2000年に公開されたアメリカ合衆国の歴史映画。帝政ローマ時代中期を舞台とした復讐劇。主人公は、皇帝と対峙するべくローマ文化の象徴の一つである剣闘士(グラディエーター)として名を上げていく。映画。第73回アカデミー賞および第58回ゴールデングローブ賞で作品賞を受賞。

優れた映像美やストーリーに加え、作品を盛り上げる音楽。そして完璧なキャストと演技。減点する余地が無く、完璧な作品。鑑賞中から胸が熱くなり、高揚感、深い感動と壮大な世界観に感嘆する。

※優れた映像美やストーリーから大きな商業的成功を収めた。批評家からも高い評価を得て、第73回アカデミー賞作品賞並びに第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞する名誉を受けた。
本作の成功を受けて、すぐに製作陣では続編として本編の前後を描いた作品が計画されたものの、現在に至るまで実現されていない。

※音楽はハンス・ジマー、リサ・ジェラルド、クラウス・バデルトが担当、ゴールデングローブ賞の音楽賞を受賞したほか、アカデミー作曲賞にノミネートされるなど高い評価を受けたが、戦闘場面の楽曲はホルストの組曲「惑星」の「火星」と酷似しており、2006年、ホルスト財団から著作権侵害で訴訟を起こされた。ジマー側は盗作ではないと主張し全面的に争っている。またコモドゥスの凱旋式シーンに使用された曲はワーグナーの「ニーベルングの指環」と酷似しており、冒頭におけるゲルマニアの曲はリドリー・スコットが愛好している映画「ズールー」との関連を主張する意見もある。また、同作品の主題歌「ついに自由に(Now We Are Free)」を歌ったリサ・ジェラルドも一気に知名度を上げた。


グラディエーター(原題:Gladiator)


脚本:40点
演技・演出:20点
撮影・美術:20点
編集:10点
音響・音楽:10点
合計100点(満点)

あらすじ

西暦180年、皇帝アウレリウスに絶大な信頼を置かれていたローマ軍将軍マキシマス・デシマス・メレディウスは、次期皇帝の任を依頼される。しかしその晩、皇帝は皇太子コモドゥスによって暗殺。罠にはまったマキシマスは、処刑の危機に陥いるも逃走したが、家族を失い、自らも奴隷に身分を落とす。マキシマスはコモドゥスへの復讐を誓い、ローマ文化の象徴の一つである剣闘士(グラディエーター)として名を上げていく。

スタッフ

監督:リドリー・スコット
脚本:デヴィッド・フランゾーニ,ジョン・ローガン,ウィリアム・ニコルソン
原案:デヴィッド・フランゾーニ
製作:ダグラス・ウィック,デヴィッド・フランゾーニ,ブランコ・ラスティグ
製作総指揮:ローリー・マクドナルド,ウォルター・F・パークス
音楽:ハンス・ジマー,リサ・ジェラルド
撮影:ジョン・マシソン
編集:ピエトロ・スカリア
製作会社:スコット・フリー・プロダクションズ,レッド・ワゴン・エンターテインメント

キャスト

ラッセル・クロウ
ホアキン・フェニックス
コニー・ニールセン
オリヴァー・リード
デレク・ジャコビ
ジャイモン・フンスー
リチャード・ハリス
トーマス・アラナ
スペンサー・トリート・クラーク
ラルフ・メラー
デヴィッド・ヘミングス
スヴェン=オーレ・トールセン
トミー・フラナガン
ジョン・シュラプネル
デヴィッド・スコフィールド

予告編

商品情報