クローズZERO 81点

クローズZERO

2007年公開の日本映画。原作の主人公・坊屋春道が鈴蘭高校に転校してくる1年前を描いた完全オリジナルストーリーである。原作者の高橋ヒロシは『クローズ』連載中の頃から実写映画化の話を全て断っていたが、完全オリジナルストーリーという条件で実現した。

クローズZERO 映画批評・備忘録


クローズZERO

脚本:31点
演技・演出:18点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計81点


ヤンキー映画とバカにすることなかれ!これは名作と言っていい出来でしょう。10代の頃にこれを見てたら熱くなって熱くなって格闘技系の道場に駆け込んでるかもしれない。
小栗旬や山田孝之の若さと美しさと強さ、実に素晴らしい。デビルマンが汚点となった、伊崎兄弟は起死回生の作品になったと言える。演技が上手いわけではないが適材適所されれば光ることもできる。
このシリーズで一番の輝きを放ったのは、小栗旬と言ってもいいが、やべきょうすけの好演は特筆すべきでしょう。この作品で一番残念だったのはクライマックスでの黒木メイサの歌、これは熱さが冷める感じがしたので失敗だったと思う。※カットしても違和感なく問題ないシーン。


クローズZERO あらすじ

鈴蘭男子高等学校、通称・カラスの学校。不吉な嫌われモノ=カラスのような不良学生たちが集まる、偏差値最低の男子校。最強かつ最凶の悪名を轟かせている鈴蘭であったが、いまだかつて鈴蘭を統一・制覇したものはいない…。現在の最大勢力は、“百獣の王”と呼ばれる男・芹沢多摩雄(演:山田孝之)率いる“芹沢軍団”だ。しかし実力者が揃う芹沢軍団ですら、鈴蘭統一は容易ではなかった。そんな群雄割拠の鈴蘭に、ひとりの男が現れた。3年の転入生・滝谷源治(演:小栗旬)―鈴蘭制覇を狙う男。単独で行動する源治であったが、ふとしたことで知り合った鈴蘭卒業生のチンピラ・片桐拳(演:やべきょうすけ)と友情を深める。そして拳のとりなしもあって、源治のもとに集まった強力な仲間達が、源治を筆頭に新勢力GPS(G源治PパーフェクトS制覇)を旗揚げする。かくして鈴蘭の勢力図は大きく塗り替えられ、内部抗争はより一層激化していくのだった…。

クローズZERO スタッフ

原作:高橋ヒロシ
監督:三池崇史
プロデューサー:山本又一朗
企画:濱名一哉
共同プロデューサー:佐谷秀美
アソシエイトプロデューサー:岡田有正、富田敏家、堀之内郁哉
脚本:武藤将吾
撮影:古谷巧
美術:林田裕至
照明:高坂俊秀
録音:石貝洋
編集:掛須秀一、長坂智樹
音楽:大坪直樹
音楽プロデューサー:古川ヒロシ
整音:小原善哉
音響効果:柴崎憲治
助監督:西山太郎
制作担当:武石宏登
キャスティング:楠本直樹
スタイリスト:北原哲夫
衣裳:青木しげる
車輌:相馬亭、 大山賢徳、佐久間信隆、尾崎建次、中尾正伸、佐藤潤、 河野智宏、 岸谷佳治
アクションコーディネーター:辻井啓伺、出口正義
CGIプロデューサー:坂美佐子
CGIディレクター:太田垣香織
製作:「クローズZERO」製作委員会(TBS トライストーン・エンタテイメント 東宝 MBS 秋田書店 CBC ハピネット)
配給:東宝
上映時間:128分/ビスタビジョン

クローズZERO キャスト

小栗旬
やべきょうすけ
黒木メイサ
桐谷健太
高橋努
鈴之助
遠藤要
上地雄輔
伊崎右典(FLAME)
伊崎央登(FLAME)
波岡一喜
武田航平
鈴木信二
大東俊介
橋爪遼
小柳友
渡辺大
深水元基
岸谷五朗
斎藤歩
松重豊
遠藤憲一
塩見三省
高岡蒼甫
山田孝之

クローズZERO 予告編