カルト 75点

映画 カルト

2013年公開の日本映画。映像プロデュース会社ダブル・フィールドによるネクストホラー3部作の第2弾(公開順は最初)。フェイクドキュメンタリースタイルのホラー映画である。とある除霊現場に出向いた人気タレントたちが目の当たりにする驚がくの体験を、臨場感たっぷりに映し出す。第31回ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭正式出品作品。イースト・ウインド・フィルムフェスティバル2013(ロンドン)上映作品。キャッチコピーは、「恐怖はノリウツル」。

カルト 映画批評・備忘録

カルト

脚本:30点
演技・演出:16点
撮影・美術:14点
編集:9点
音響・音楽:6点
合計75点


登場人物のリアリティとCGや合成のチープさが見事にハマっている作品で、見て側の楽しみ方次第ではクソ映画なんでしょうが、僕は好きな作品です。


amazonプライム・ビデオ

カルト あらすじ


心霊番組のレポーターを務めることになったタレントのあびる優、岩佐真悠子、入来茉里の3人は、霊能者同行のもと、母・朋絵(小山田サユリ)と娘・美保(岡本夏美)の二人暮らしで霊現象に悩む金田家を訪れる。霊能者の雲水(山口森広)は除霊を試みるが、それに反発するように様々な怪現象が起き、美保が悪霊に取り憑かれてしまう。力量不足と感じた雲水は師匠の龍玄(井上肇)を呼び、再度除霊を試みる。一見、除霊は成功したかに見えたが、状況はさらに悪化して龍玄も雲水も倒れてしまう。自分の力では到底太刀打ちできない悪霊がいると感じた龍玄は、強力な能力をもつという霊能者に除霊を託す。除霊を託された「NEO」と名乗る青年(三浦涼介)と悪霊との戦いが、始まろうとしていた。

カルト スタッフ


監督・脚本:
プロデューサー:
撮影:
VE:,
美術:
特殊メイク:
視覚効果:
スタイリスト:
メイク:
録音:
音楽:
音響効果:
編集:
キャスティング:
助監督:
製作担当:
製作:
制作プロダクション:
配給:

カルト キャスト


あびる優:
岩佐真悠子:
入来茉里:
金田美保:
谷口陽子(番組ディレクター):
龍玄:
雲水:
金田朋絵:
NEO:

カルト 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ