オーディション 79点

オーディション

オーディション 映画批評・備忘録

世界の三池を確立した作品にして、ひどく痛い作品。
前半は眠たくなるほど、淡々とストーリーが進み、後半は怒涛の痛い痛い痛すぎる演出が続く
その苦痛を感じるほどの痛い演出は、国内外を問わず後のスプラッター映画に大きな影響を与えている。石橋凌や石橋蓮司の演技も素晴らしい。

※2000年 第29回ロッテルダム国際映画祭 国際批評家連盟賞/オランダジャーナリズム連盟賞
映画祭の上映では記録的な人数の途中退出者を出し、映画を観た一人の女性客が三池に「悪魔!」と激怒して詰め寄ったという一幕があった。
※米国TIME誌が2007年に「ホラー映画トップ25」を発表し、邦画では唯一『オーディション』が選ばれている。米国のケーブルテレビ局BravoはTV番組『The 100 Scariest Movie Moments』で「オーディション」を11位に選び、またイギリスの映画雑誌Total Filmは「ホラー映画オールタイムベスト50」で「オーディション」を29位に選んでいる。


オーディション(英題:Audition)


脚本:30点
演技・演出:18点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計79点

オーディション あらすじ

ビデオ制作会社を経営している青山(演:石橋凌)は7年前に妻(演:松田美由紀)を亡くし、一人息子の重彦(演:沢木哲)と寂しい日々を過ごしていた。そんなある日、青山の身の上を案じた友人の吉川(演:國村隼)は青山にとんでもない提案をする。それは映画制作と称したオーディションを開催し、その中から再婚相手を探せというものだった。そして4000通もの応募の中から選んだ女性、麻美(演:椎名英姫)に加速度的に魅了されていく青山。しかし彼女の愛は余りにも真っ直ぐで完全なものだった……。

オーディション スタッフ

監督:三池崇史
製作総指揮:横浜豊行
製作:福島聡司,陶山明美
原作:村上龍
脚色:天願大介
企画:遠藤淳一
撮影:山本英夫
音楽:遠藤浩二
主題曲:ELIEPARK
美術:尾関龍生
編集:島村泰司
衣装:熊谷友江
録音:中村淳
照明:小野晃

オーディション キャスト

青山重治:石橋凌
山崎麻美:椎名英姫
青山重彦:沢木哲
吉川泰久:國村隼
車椅子の老人:石橋蓮司
青山良子:松田美由紀
リエ:根岸季衣
芝田:大杉漣
酒場のマスター:斉木しげる
ディレクター:光石研
柳田美千代:広岡由里子
テレビ局のプロデューサー:小日向文世
高木美鈴:中村美里
少年時代の重彦:有馬優人
少女時代の麻美:泉綾香
ホテルのフロント:棚橋ナッツ
FMのナレーター:橘貴美子
医師:遠藤たつお
看護婦:神道寺こしお
バーテン:津田寛治
ギャング:パティー

オーディション 予告編

オーディション 商品情報