ウェインズ・ワールド 77点

ウェインズ・ワールド

1992年公開のアメリカ合衆国の映画。人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の1コーナーを映画化したもので、日本では試写会にロックファンを呼んで字幕作りに参加させると言った試みも行われた。テレビでの初期は主人公の2人は高校生という設定だったが、映画版では少し年齢が上がっている。クイーンやアリス・クーパーなど、1970 – 80年代に活躍したミュージシャンの楽曲が挿入歌として使われ、ロックに関する小ネタも多いコメディ映画。

ウェインズ・ワールド 映画批評・備忘録


ウェインズ・ワールド(原題:Wayne’s World)

脚本:30点
演技・演出:15点
撮影・美術:15点
編集:7点
音響・音楽:10点
合計77点


全米を爆笑の渦に巻き込んだ、今作。日本では爆笑というより話題にもならなかったが、僕は爆笑したひとり。マイク・マイヤーズの映画はオープニングに限定すれば100点!あげたい作品ばかり。
音楽の選曲センスとそれに合わせたバカ芝居は超一流だと思う。ドリフ大爆笑のような笑いなので、年齢を問わず楽しめる作品になっている。昔のウッチャン・ナンチャンがやってたコントもこの作品に近い。
微妙なシーンも多いが、爆笑シーンも多い。僕は好きな作品です。冒頭のボヘミアンラプソディーと、中盤のフォクシー・レディはツボに嵌りました。


amazonプライム・ビデオ

ウェインズ・ワールド あらすじ

ケーブルテレビでウェインズ・ワールドという番組を放送しているウェイン・キャンベル(演:マイク・マイヤーズ)とガース・アルガー(演:ダナ・カーヴィ)。ある日、大手テレビ局の重役(演:ロブ・ロウ)がやってきて、自分の放送局で放送したいと契約を持ち掛けてくる。
契約金が大金だったことから二人は浮かれてばかりだった。しかし、ケーブルテレビからキー局への道は、危険や誘惑、パーティの招待がいっぱいの複雑な世界だった。また制約も多く、二人は間もなくそれに気づくのだが。。。
ウェインは、ライブで出会い意気投合し、恋仲になった美人ロック歌手カサンドラ(演:ティア・カレル)の愛を勝ち取れるか?一方ガースは、ドーナツ屋のホステス・フォクシーレディに想いは届くのか。。。

ウェインズ・ワールド スタッフ

監督:
脚本:,
原作:キャラクター創造 
製作:
製作総指揮:
音楽:
撮影:,
編集:

ウェインズ・ワールド キャスト














(本人役)

ウェインズ・ワールド 予告編


amazonプライム・ビデオ