2000年代 SF ホラー

インビジブル2 43点

更新日:

映画批評・備忘録

最大の見どころは、透明人間VS透明人間でクライマックスは悪くなかった。この映画は、序盤から中盤までがともかくチープな出来でストーリーも前作と接点が薄く、特撮も演出も微妙なもの。全米では未公開ということもあり、予算の都合で中途半端なものになったのかもしれない。

採点の内訳


脚本:15点
演技・演出:7点
撮影・美術:10点
編集:6点
音響・音楽:5点
合計43点

タイトル

インビジブル2(原題:Hollow Man II)

あらすじ

ライズナー研究所の資金集めを目的としたパーティで、デヴィン・ヴィリアーズ博士が殺される。
シアトル市警のフランク・ターナーとリサ・マルティネス両刑事が駆けつけると、現場には血に染まった裸足の足跡が残されていた。大量の返り血にも関わらず、誰からも目撃されぬまま逃走した犯人に疑問を抱くフランクたちだが、そこに現れたライズナー博士とビショップ大佐により退去させられる。
署に戻ったフランクとリサは、犯人が次に狙うとみられるマギー・ダルトン博士の警備を命じられる。張り込みを開始する2人だが、夜更け頃、最初はリサが、続いて博士が、姿の見えない何者かの襲撃を受ける。
見えない敵の正体は、かつて軍の最強特殊部隊に所属していた兵士マイケル・グリフィンであった。彼は極秘任務の実行員に選ばれ、薬によって透明人間となった。その薬にはやがて死に至るという副作用があったが、軍はマイケルに副作用を抑える緩和剤を投与せず、それを知った彼は軍への復讐を企んでいた。

スタッフ

製作総指揮:ポール・バーホーベン、レイチェル・シェーン、ルーシー・フィッシャー
製作:デヴィッド・ランカスター、ダグラス・ウィック、ヴィッキー・ソーサラン
監督:クラウディオ・ファエ
脚本:ジョエル・ソワソン
撮影:ピーター・スンストーフ
音楽:マーカス・トランプ

キャスト

フランク・ターナー捜査官 - ピーター・ファシネリ
マギー・ダルトン博士 - ローラ・レーガン
マイケル・グリフィン - クリスチャン・スレーター
ウィリアム・ライズナー博士 - デヴィッド・マキルレース
ガヴィン・ビショップ大佐 - ウィリアム・マクドナルド
リサ・マルティネス捜査官 - サラ・ディーキンス
ヘザー・ダルトン - ジェシカ・ハーモン
デヴィン・ヴィリアーズ - ジョン・ショウ
ティモシー・ローレンツ - ダーシー・ローリー
アシュリー - ザラ・テイラー

予告編

商品情報


スポンサーリンク


-2000年代, SF, ホラー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.