アポロ13 91点

アポロ13

映画批評・備忘録

実話なので結末は分かっている。彼らは一体どのようにして生還したのかという再現映像になるわけですが、リアリティ溢れる映像とカメラワーク、編集の上手さで臨場感が途切れることなく話が進んでいきます。この作品が感動のストーリーとなりえたのは、俳優陣の熱演であり緻密な再現にあると思います。ギリギリのところを生き抜いていくを表現するのは相当難しいものです。阿部は、この作品を米国の田舎の映画館で視聴したのですが、最後は劇場でスタンディングオベーションが巻き起こってました。

※第68回アカデミー賞において編集賞、音響賞の2部門で受賞した。

採点の内訳

脚本:35点
演技・演出:18点
撮影・美術:19点
編集:10点
音響・音楽:9点

合計91点

タイトル

アポロ13(原題:Apollo 13)

あらすじ

アポロ13号への搭乗が予定されているジム・ラヴェル船長(演:トム・ハンクス)とフレッド・ヘイズ月着陸船パイロット(演:ビル・パクストン)、ケン・マッティングリー司令船パイロット(演:ゲイリー・シニーズ)の三名の宇宙飛行士は、史上三度目の月面着陸を目指し、打ち上げの日まで訓練を重ねていた。ジムの妻マリリンは13号という不吉な数字に不安を感じていたが、ジムは気にしていなかった。しかし打ち上げ2日前になって予備チームの一人が風疹にかかり、抗体をもっていないケンは感染・発症の可能性があるとして、NASAから搭乗権を取り消されてしまう。船長のジムは、全員が予備チームと交替するか、それとも司令船パイロットのみ交替するかの判断を迫られ、苦渋の末に後者を選択する。突然月行きが舞い込んだ予備チームの司令船パイロットのジャック・スワイガート(演:ケヴィン・ベーコン)は歓喜するが、ケンはひどく落胆する。
家族たちも見守る中、1970年4月11日13時13分、アポロ13号はサターンVロケットで打ち上げられ、月世界への冒険旅行が始まる。5基あるエンジンのうち1基が停止したものの作戦に影響はなく、打ち上げは無事に成功。続いて月着陸船「LEM」(通称アクエリアス)とのドッキングも、シミュレーターでは失敗が多かったジャックだが、ここは無事に成功させる。予定通りの軌道に乗ったアポロ13号は月までの道中、テレビ中継用の交信などのスケジュールをこなしながら航行していく。しかしこの交信はどこのテレビ局にも取り上げられず、放送される事はなかった。世間は3度目となった月着陸に対してすでに飽きており、クルーの情熱とは裏腹に大して注目されていなかったのである。
4月13日22時、アポロ13号は地球から約32万キロの地点に到達し、月までもう少しのところまで迫っていた。ここでヒューストンの管制室はジャックに、機械船の液体酸素タンクを攪拌するよう指示を出す。ところがジャックが攪拌スイッチを入れた途端、大きな爆発音がし機体は激しく揺れる。大量の警告ランプが鳴り、酸素残量の計器が見る見る間に減っていく。計器の故障も疑われたが、ジムが窓から空気の流出を肉眼で確認。酸素は乗員の呼吸や飲料水の合成、電力の生成、さらには宇宙船の推進等の用途に使用される。爆発直後の段階では月面着陸を諦めていなかった一同だが、事態の深刻さを把握したヒューストンは、酸素の流出を止めるために燃料電池の反応バルブを閉じるように指示。それは月面着陸が不可能になる事を意味していた。しかし目論見は外れ流出は止まらなかった。すでに大半の電力を失った司令船は、地球への再突入用の電力を残すために電源をシャットダウンする事になる。そうなると地球までの帰路は月着陸船で向かう事になるが、その誘導プログラムを着陸船に移さなけらばアポロ13号は宇宙で完全に迷子になってしまうのだ。しかも通常3時間かかる着陸船の起動作業を、司令船の酸素残量15分以内に行わなわなければならなかった。間もなく、なんとか作業を完了したクルーは司令船の電源を落としたが、1度落とした電源が極寒の影響などで再起動できる保証はなかった。NASAでは主席管制官のジーン・クランツ(演:エド・ハリス)が、専門家から各部の設計者や作業員まですべての関係者を召集し対策を練っていた。議論の結果アポロ13号は月の周りを一周し、その勢いを利用して地球に帰還する「自由帰還軌道」をとる事が決まる。アポロ13号が月を周回する際、クルーは自分たちが降りる予定だった月面を眺めながら思いを馳せながらも、地球への帰還、家族の待つ家への帰宅を誓う。その地球ではこの緊急事態にマスコミが手の平を返して大注目。一方ジムの家では妻のマリリンが子供たちに事故の事実を気丈に伝えるも、一人になると不安で涙していた。
現在の消費電力――60アンペアでは、大気圏に突入する前に月着陸船の電池が干上がることが判明する。管制官のジョン・アーロン(ローレン・ディーン)の主張で、電池を温存するために生命維持に直結しない機器は全て電源を切ることになる。暖房も停止するため船内は摂氏1度まで冷えこみ、フレッドは寒さと脱水が原因で体調をくずし発熱までしてしまう。瀕死の宇宙船に試練はまだまだ続く。二人乗りの月着陸船に三人が避難したせいで空調設備の二酸化炭素吸収フィルターのろ過が追い付かず、このままでは船内の二酸化炭素濃度が中毒死に至るまで上昇してしまうのである。司令船の空調設備には新品のフィルターがあるが、月着陸船のそれとは形状が異なり、月着陸船の空調設備にはまらない。そこでヒューストンの担当者は、月着陸船の空調設備と司令船のフィルターをつなぐ「アダプタ」を考案し、乗組員の三人に無線での口頭説明で作成させると、二酸化炭素濃度は安全レベルにまで落ちていった。しかし安堵したのも束の間、宇宙船が正しい軌道を外れつつあることがわかる。軌道修正のために本来は月への離発着のためにある月着陸船のブースター噴射を利用する事になるが、電力を消費する誘導コンピュータや自動操縦装置を使用できない状況のため、三人は手動操作での姿勢制御と軌道修正に挑戦、見事成功させる。
4月17日、アポロ13号は地球に再接近するが、大気圏再突入を目前に控えてもまだシステム再起動のプランが上がってきていない。再突入のための電力残量が不足しており、ケンとアーロン達がシミュレーターに籠り、司令船再起動に際しての作業手順を省くなどあらゆる工夫を試しているのだが、誘導プログラムや交信装置、スラスターやパラシュート作動のモーターなど、どうしても必要最低限の物があり、どんな手順で行なっても4アンペア足りないのである。行き詰った末、ケンは司令船から月着陸船へ電力を供給している電線を逆流させ、逆に月着陸船の電力を司令船に移す案を発見する。司令船のコンピューターは長時間シャットダウンした状態で凍り付いていたため、再起動しない可能性もあり、また結露によりショートする恐れもあったが、ケンの指揮のもと司令船を無事に再起動させる。不要になった機械船を投棄すると、クルーは観測窓から機械船の液体酸素タンクとその区画一帯が吹き飛び、内部構造が露出しているのを目撃する。酸素タンクの爆発が船体の広範囲を損壊させた可能性もあり、もし司令船の耐熱シールドにも傷がついていたら、司令船は大気圏再突入時に崩壊し、乗組員もろとも燃え尽きてしまうのだ。さらに地球に接近するとクルーは司令船に移り、今度は月着陸船を切り離す。爆発から今日まで救命ボートとして命を繋いでくれた着陸船を感慨深く見送るのであった。
いよいよ大気圏突入が迫るが、運の悪い事に着水海域にはハリケーンが迫っており、またスラスターやパラシュートが凍結している恐れ、シールドのヒビの可能性など、不安要素は山積みであった。さらに侵入角度が浅くなってきてる事も判明したが、これらの問題のすべてには、もはや対処の手段がなく、ここまで英知の限りを尽くして困難を克服してきた彼らも、あとは幸運を祈ることしかできないのだ。間もなく司令船は超高速で大気圏に再突入し、摂氏数万度の火炎に包まれ、ヒューストンとの交信も途絶する。ヒューストンは無線で司令船に呼びかけるが、交信復帰予定の3分を経っても応答はない。4分が経過し、誰もが最悪の事態を覚悟したとき、青空にオレンジ色のパラシュートが花開き、司令船が応答する。アポロ13号が地球に還ってきたのだった。

スタッフ

監督:ロン・ハワード
製作:ブライアン・グレイザー
音楽:ジェームズ・ホーナー
撮影:ディーン・カンディ
美術:マイケル・コレンブリ
VFX:デジタル・ドメイン
VFXスーパーバイザー:ロバート・レガート

キャスト

トム・ハンクス
ケヴィン・ベーコン
ビル・パクストン
ゲイリー・シニーズ
エド・ハリス
キャスリーン・クインラン
ローレン・ディーン
ミコ・ヒューズ
ジーン・スピーグル・ハワード
トレイシー・ライナー
メアリー・ケイト・シェルハート
クリス・エリス
ザンダー・バークレー
クリント・ハワード
ベン・マーリー
ジョー・スパーノ
ジェームズ・リッツ
ウェイン・デュヴァル
エンドレ・ヒューレス

予告編

商品情報